名古屋ガイドウェイバス、3月からICカード全国相互利用サービスに対応

鉄道 企業動向

ゆとりーとラインは3月12日から交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する。
  • ゆとりーとラインは3月12日から交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する。
  • ゆとりーとラインは3月12日から交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する。
ガイドウェイバス志多味線(ゆとりーとライン)を運営する名古屋ガイドウェイバスは3月12日、交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応する。

ゆとりーとラインは、案内輪を装備したバスが案内レール付きの専用通路を走行する「ガイドウェイバスシステム」を採用。大曽根(名古屋市東区)~小幡緑地(守山区)間6.5kmは高架の専用通路を走行し、小幡緑地~高蔵寺(愛知県春日井市)間は一般道に乗り入れている。

発表によると、新たに利用できるようになるICカードは、JR西日本のICOCAや関東圏のPASMOなど7種類。既に導入している中京圏のmanacaやJR東海のTOICA、JR東日本のSuicaも引き続き利用できる。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品