【日産 セレナ 試乗】安心感やマイルドな走り、熟成の域に達したミニバン…藤島知子

試乗記 国産車

日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
  • 日産 セレナ
日産『セレナ』のハイブリッドシステムは、ブレーキエネルギー回生で蓄えたエネルギーを利用して、低燃費ドライブを促す簡易的なタイプ。いわゆるトヨタ『プリウス』や『ヴォクシー』などといった、モーターのみで走れる領域をもつハイブリッドとは異なる。

現行型のセレナはモデル末期とあって熟成の域に達しているが、乗員にパノラマ視界を提供する広いガラスエリアをはじめ、サイドウィンドウを低め切り込んだ設計は運転席からの直接視界にも優れている。車線変更の際は窓越しに自車周辺のクルマの流れが直接確認しやすいので、ウィークデーはママがドライブする場合でも不安が少なく、安心して走らせやすい。 

ミニバンらしく、走行フィールはマイルド。動作は比較的のっそりとしたリズムで動き出していく。荒っぽい運転をしたり、飛ばそうという気持ちにはならず、家族や友達たちと会話しながらゆったり構えてドライブするシーンが頭に浮かぶ。

ちょっと気になったのは運転席のシートを前方寄りにスライドしたときにステアリングコラムの張りだしに膝が当たること。座高が低いドライバーの場合、アイポイントを高めるためにシートの座面を上げる必要があるので、適正な運転姿勢を確保する上では今後改善して欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★


藤島知子|モータージャーナリスト
幼い頃からのクルマ好きが高じて、2002年からワンメイクレースに挑戦。市販車からフォーミュラカーに至るまで、ジャンルを問わず、さまざまなレースに参加している。2007年にはマツダロードスターレースで女性初のクラス優勝を獲得した経験をもつ。現在はクルマの楽しさを多くの人に伝えようと、自動車専門誌、一般誌、TV、WEB媒体を通じて活動中。走り好きの目線と女性の目線の両方向から、カーライフ全般をサポートしている。COTYの選考基準は、クルマと共に過ごす日常において、気持ちを豊かにしてくれるクルマかどうかに焦点を当てる。
《藤島知子》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【ホンダ フィットHV 3700km試乗 前編】道を選ばない走破力とパンチのあるエンジン…井元康一郎

    【ホンダ フィットHV 3700km試乗 前編】道を選ばない走破力とパンチのあるエンジン…井元康一郎

  2. 【ジャガー F-PACE 試乗】ウソのようだけれど、本当にスポーツカーだった!…鈴木ケンイチ

    【ジャガー F-PACE 試乗】ウソのようだけれど、本当にスポーツカーだった!…鈴木ケンイチ

  3. 【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

    【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

  4. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

  5. 【ボルボ V40 試乗】数値にあらわれないブラッシュアップを感じる…中村孝仁

  6. 【ルノー カングー 800km試乗】1.2L+6MT、欠点さえも魅力と思わせる「これぞフランス車」…井元康一郎

  7. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 前編】人馬一体を感じさせる足回り、ハイブリッドとの違い顕著に…井元康一郎

  8. 【BMW 330e 試乗】PHV、その走り方の極意を発見か?…中村孝仁

  9. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

  10. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら