東海道・山陽新幹線、提携カード会員以外もチケットレスサービス利用可能に | レスポンス(Response.jp)

東海道・山陽新幹線、提携カード会員以外もチケットレスサービス利用可能に

鉄道 企業動向

JR東海とJR西日本は2017年夏をめどに東海道・山陽新幹線に新しいチケットレスサービスを導入する。写真は東海道新幹線。
  • JR東海とJR西日本は2017年夏をめどに東海道・山陽新幹線に新しいチケットレスサービスを導入する。写真は東海道新幹線。
  • JR東海とJR西日本は2017年夏をめどに東海道・山陽新幹線に新しいチケットレスサービスを導入する。写真は山陽新幹線。
  • 新しいチケットレスサービスのイメージ。提携カード以外のクレジットカードでもチケットレスサービスを利用できるようになるが、全国相互利用サービスに対応したICカードが必要だ。
JR東海とJR西日本の2社は1月28日、東海道・山陽新幹線で新しいチケットレスサービスを導入することで合意したと発表した。2017年夏の導入を目指す。

東海道・山陽新幹線では、チケットレス乗車サービスが既に導入されているが、原則として2社の提携クレジットカードの会員(エクスプレス会員)しか利用できない。

今回2社が合意した新しいチケットレスサービスは、エクスプレス会員以外の利用者でも利用できる。手持ちのクレジットカードと全国相互利用サービスに対応したICカードを、スマートフォンやパソコンなどから登録し、列車を予約。乗車時には登録しておいたICカードを自動改札機にタッチする。料金は予約時にクレジットカードから決済される。カード会社への申込みは不要で、年会費は無料だ。

2社は新しいチケットレスサービスについて「会員以外のお客様や、外国人旅行者でも、交通系ICカードをご用意いただければ、気軽に新幹線をチケットレスでご利用いただくことができます」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品