【スズキ イグニス】“素の良さ”が感じられるスズキのデザインをベースに

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
スズキ『イグニス』は、日常生活に合う素の良さを感じてもらえるデザインを目指しているという。

イグニスのデザインコンセプトは、“シンプルアイコニック、シンプルスタンダード”だ。なぜシンプルを強調するのか。スズキ四輪技術本部四輪デザイン部長兼カラー課長の竹内義男さんは、スズキとしてのベースとなる考え方があると明かす。「我々は軽自動車を作っており、軽自動車の在り方にこの言葉の発想がある」という。「軽自動車も含めて小さいクルマは、日常生活でユーザーが頻繁に使うクルマ。従って極端にくどく油っぽいデザインではなく、“素の良さ”がそういうクルマにはとても大事なことだ」と話す。

「スズキのデザインは見る人によっては物足りないかもしれない。特に新興国、例えばインドなどでは濃いデザインが合うという意見もある」と竹内さん。しかし、「日本の軽自動車をベースに培ってきた我々に期待を寄せ、信頼する方たちにとって、日常生活に合う素の良さを感じてもらえるデザインというのは大事なのではないかと考え、イグニスでも同じようにシンプルという言葉を考えた」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

    【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  2. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

    【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

    【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  4. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  5. 【ホンダ NSX 新型】復活構想は6年前から

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びの追求はホンダの永遠のテーマ」

  8. 【日産 セレナ 新型】星野専務「この車をテコにいいサイクルに持っていきたい」

  9. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  10. 【ホンダ NSX 新型】寺谷日本本部長「9月上旬までに200台の受注」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら