【スズキ イグニス】デザインのキモは内外装の一体感

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
スズキ『イグニス』のインテリアは、“部品力”を重視しながらも、それ以外はすっきりとクリーンにまとめデザインされているという。

単に部品力とクリーンなデザインを組み合わせるとちぐはぐな印象になりかねない。スズキ四輪技術本部四輪デザイン部インテリア課長の村上俊一さんは、「クレイモデルやスケッチを描きながら、各部品(エアコンコントロールやメーターなど)をどの程度特徴的にするのかをバランスを取っていった」と明かす。

また、「ドアグリップや、センターコンソール部にオレンジを使うなど特徴的に仕上げるとともに、エクステリアとの一体感を持たせるために、シンボリックなCピラーにある三本ラインをセンターコンソール部に施している」という。

エクステリアとの一体感ではもうひとつあると村上さん。「ドア断面はたっぷりしており、下に行くほど張りながら、巻き込む造形になっている。それをインパネの断面では参考にしており、グローブボックスからたっぷりと張りのある面が下に回り込みすっきりぜい肉を削ぎ落としたようになっている」と説明した。

そのほか、「エアコンパネルはもとより、左右の吹き出し口のカーボンシボや、メッキリングの形状などの細かいところの造形やシボの選択、艶にもこだわった」。また、メーター内部上方にLEDが使われ、「奥行き感を演出した光加飾を施し、精緻感や先進感を表現している」とした。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品