【スズキ イグニス】デザインのキモは内外装の一体感

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
スズキ『イグニス』のインテリアは、“部品力”を重視しながらも、それ以外はすっきりとクリーンにまとめデザインされているという。

単に部品力とクリーンなデザインを組み合わせるとちぐはぐな印象になりかねない。スズキ四輪技術本部四輪デザイン部インテリア課長の村上俊一さんは、「クレイモデルやスケッチを描きながら、各部品(エアコンコントロールやメーターなど)をどの程度特徴的にするのかをバランスを取っていった」と明かす。

また、「ドアグリップや、センターコンソール部にオレンジを使うなど特徴的に仕上げるとともに、エクステリアとの一体感を持たせるために、シンボリックなCピラーにある三本ラインをセンターコンソール部に施している」という。

エクステリアとの一体感ではもうひとつあると村上さん。「ドア断面はたっぷりしており、下に行くほど張りながら、巻き込む造形になっている。それをインパネの断面では参考にしており、グローブボックスからたっぷりと張りのある面が下に回り込みすっきりぜい肉を削ぎ落としたようになっている」と説明した。

そのほか、「エアコンパネルはもとより、左右の吹き出し口のカーボンシボや、メッキリングの形状などの細かいところの造形やシボの選択、艶にもこだわった」。また、メーター内部上方にLEDが使われ、「奥行き感を演出した光加飾を施し、精緻感や先進感を表現している」とした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

    【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  3. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

    【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  4. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  7. アウディ TT、469万円のエントリーグレードを追加…限定モデル2種も同時発売

  8. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  9. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

  10. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら