【スズキ イグニス】「部品力」を重視したインテリア

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
スズキから発表された『イグニス』のインテリアは、インパクトのあるエクステリアに負けないようにデザインしたという。

イグニスの車両企画は、小型ハッチバックと SUVのクロスオーバーという新ジャンルを作ろうというものだ。それを受け、「エクステリアはかなりインパクトのあるスタイリングに仕上がったので、インテリアもエクステリアに負けないよう、すごいと思わせようという意気込みでデザインした」とは、スズキ四輪技術本部四輪デザイン部インテリア課長の村上俊一さんの弁。

そして、「内外のデザインとも、基本的にはシンプルで、クリーン。しかしアイコニックなスタイリングを採用することで、シンプルだが“強い”ものを目指し、そこがコアとなっている」と村上さん。

そこを踏まえインテリアでは、「奇抜な線や面などを使うのではなく、広く見える横基調のすっきりとした骨格の中で、楽しさと質感を表現していこうという思いでデザインした」という。

村上さんは、「シンプルであればある程そこに取り付けられる部品がものすごく大事になってくる。“部品力”が非常に大事だ」とコメント。そこでイグニスでも、トグルスイッチと円筒形状を組み合わせたエアコンパネルや、メーターなどの部品で、「精緻感や部品の強さを主張。それ以外はなるべくすっきりとクリーンにまとめるという見せ方、手法でインテリアは基本的に構成されている」と語った。
《内田俊一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品