ホンダの新型燃料電池車、クラリティ…米国加州で年内に発売へ

エコカー EV

ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
ホンダは1月21日、米国で開幕したワシントンモーターショー16において、新型燃料電池車、『クラリティ フューエル セル』の米国における販売計画を発表した。

クラリティ フューエル セルは、2016年末までに米国での販売を開始。販売初年度はリース販売とし、市場における製品の使用状態や顧客の多様な意見・要望を収集した後、一般販売も行う予定。

米国での価格は、約6万ドル。月額のリース料金は、500ドル以下を計画し、まずはカリフォルニア州で販売を開始する。

クラリティ フューエル セルは、ガソリン車と同等の使い勝手とFCVならではの魅力を高次元で融合し、将来にわたってFCVのベンチマークとなりえる高い価値をもったセダン。搭載している燃料電池スタックは、従来に比べて33%の小型化を図りながら、出力は従来比で約60%の向上を実現。燃料電池パワートレインをV6エンジンと同等サイズまでコンパクト化し、世界で初めて3セダンのボンネット内に集約した。これにより、大人5名が快適に座れるゆとりあるフルキャビンパッケージを実現。

また、パワートレインの高効率化や走行エネルギーの低減により、FCVトップクラスの一充填走行距離(参考値)300マイル以上を達成。一回あたりの水素充填時間は3-5分程度と、ガソリン車と変わらない使い勝手を実現している。

なお、クラリティ フューエル セルのプラットフォームは、米国で2018年までに発売されるプラグイン・ハイブリッド車(PHV)にも採用される予定。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品