【スズキ イグニス】850kgの軽量ボディ活かした燃費と実用性[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
  • スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
  • スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
  • スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
  • スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
  • スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
  • スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
  • スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
  • スズキ イグニス(市販前の撮影用車両につき、一部仕様が異なる場合がございます)
スズキは、東京モーターショー15にコンセプトモデルとして出展した『イグニス』を2月18日に発売する。

イグニスは、「使い勝手の良いスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー」をコンセプトに開発。高めのアイポイントと、大きめにとったロードクリアランスによって日常での使い勝手だけでなく、雪道や荒れた道での走破性も高めた。

新プラットフォームに、1.2リットルK12C型デュアルジェットエンジンと、加速時にモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドを全車に搭載。車両全般にわたり軽量化を徹底、最軽量グレードで850kgを実現した。これらにより28.8km/リットル(ハイブリッドMG 2WD車)の優れた燃費性能と力強い加速性能を両立する。

また4WD車には、急な下り坂や雪道などでの走行をサポートする「ヒルディセントコントロール」を採用している。

デザインコンセプトは、「シンプルアイコニック、シンプルスタンダード」。線や面などのシンプルな要素を組み合わせながら、質感の高さと力強さが強く印象に残る、わかりやすく特徴的なデザインを目指した。

室内は、コンパクトなボディサイズながら、大容量の荷室を実現する左右独立リヤシートスライド&リクライニング機構を採用。荷室側からも操作でき、さまざまなシーンに合わせて荷室スペースのアレンジを可能とした。新たにApple CarPlayに対応したメモリーナビゲーションなど最新の快適装備を採用。デュアルカメラブレーキサポートや、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグなど安全装備も充実。

ボディサイズは全長3700mm、全幅1660mm、全高1595mm、ホイールベース2435mm。

ボディカラーはホワイト、シルバー、ブラック、レッドに加えてオレンジ、ブルー、ゴールドを新設定。さらにブラック2トーンルーフを用意、全13バリエーションを展開する。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  2. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  4. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

  5. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…独自のデザイン哲学を表現

  6. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  7. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  8. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  9. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  10. 日産 パルサー、欧州で復活…VW ゴルフ 対抗 Cセグハッチ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら