【スズキ イグニス】鈴木社長、「登録車10万台への原動力」

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ イグニス と 鈴木俊宏社長
  • スズキ イグニス と 鈴木俊宏社長
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
スズキは1月21日、コンパクトクロスオーバーの『イグニス』を、2月18日に発売すると発表した。都内の発表会で鈴木俊宏社長は、国内で年10万台を掲げている登録車の販売目標に向け「大きな原動力になるクルマ」と位置付けた。

スズキは軽自動車の大手だが、国内の登録車販売はここ数年で年7万5000台規模にとどまっている。鈴木社長は「国内でスズキブランドをしっかりしたものにするためには、10万台規模を目指したい」という。イグニスはコンパクト車のクロスオーバーという新ジャンルであり、頭打ち傾向にある登録車販売をもう一段拡大する役目を託す。

もっとも、鈴木社長は「数字ありきではなく、10万台は急がない」との方針も表明した。「数字よりもブランドの確立をきっちりと進めたい」というもので、商品力などブランド価値を高めることを優先するとの考えも強調した。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品