【スズキ イグニス】鈴木社長、「登録車10万台への原動力」

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ イグニス と 鈴木俊宏社長
  • スズキ イグニス と 鈴木俊宏社長
  • スズキ イグニス
  • スズキ イグニス
スズキは1月21日、コンパクトクロスオーバーの『イグニス』を、2月18日に発売すると発表した。都内の発表会で鈴木俊宏社長は、国内で年10万台を掲げている登録車の販売目標に向け「大きな原動力になるクルマ」と位置付けた。

スズキは軽自動車の大手だが、国内の登録車販売はここ数年で年7万5000台規模にとどまっている。鈴木社長は「国内でスズキブランドをしっかりしたものにするためには、10万台規模を目指したい」という。イグニスはコンパクト車のクロスオーバーという新ジャンルであり、頭打ち傾向にある登録車販売をもう一段拡大する役目を託す。

もっとも、鈴木社長は「数字ありきではなく、10万台は急がない」との方針も表明した。「数字よりもブランドの確立をきっちりと進めたい」というもので、商品力などブランド価値を高めることを優先するとの考えも強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ホンダ シビック ハッチ次期型、擬装のない姿をスクープ…英メディア

    ホンダ シビック ハッチ次期型、擬装のない姿をスクープ…英メディア

  2. メルセデスAMG、585馬力「GT R」がヒルクライム…野獣の咆哮[動画]

    メルセデスAMG、585馬力「GT R」がヒルクライム…野獣の咆哮[動画]

  3. 【スバル インプレッサ 新型】躍動感を与えお客様がワクワクドキドキするデザインへ

    【スバル インプレッサ 新型】躍動感を与えお客様がワクワクドキドキするデザインへ

  4. マツダ アテンザ と アクセラ に高性能版か…2.5ターボ搭載の可能性

  5. ホンダ シビック 新型、スペック公表…1.5ターボは174馬力

  6. 【ジュネーブモーターショー16】ホンダ シビック ハッチバック 新型、プロトタイプ初公開

  7. AMGエンジン搭載か、アストンマーティン ヴァンテージ 次期型

  8. 自転車vsフェラーリ、加速競争で“まさか”の結末[動画]

  9. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  10. 【ロサンゼルスモーターショー15】ホンダ シビック クーペ 新型、初公開…新世代1.5ターボ搭載

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら