外国クルーズ船の寄港回数、旅客数ともに過去最高…2015年

船舶 行政

国土交通省が発表した2015年のクルーズ船寄港実績によると外国船社が運航するクルーズ船の日本港湾への寄港回数が中国からのクルーズ船の寄港増加などから、過去最高の965回となった。

前年は653回だった。港湾別では1位が博多港で245回と前年の99回から倍以上に増えた。2位が長崎港で128回、3位が那覇港で105回となった。

日本船社を含めたクルーズ船の日本港湾への寄港回数は、過去最高の合計1452回、前年より248回増えた。

また、2015年にクルーズ船で入国した外国人旅客数は、前年比2.7倍の約111万6000人と過去最高となった。

政府は「観光立国実現に向けたアクション・プログラム」に基づき、2020年の「クルーズ100万人時代」の実現に向け、官民一体となった取り組みを進めてきたが、2020年の目標だった100万人を大幅に前倒して達成した。

クルーズ船は寄港地を中心に一度に多くの観光客が訪れ、グルメ、ショッピングなど、地域での消費者需要が喚起されるため、国土交通省では引き続きクルーズ振興に取り組むとしている。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品