近鉄、駅でのカード利用可能範囲を拡大…中国銀聯にも対応

鉄道 企業動向

銀聯カードに対応する大阪上本町駅の営業所(左)と、銀聯カードで購入できる商品の例(右)。1月21日から対応する。
  • 銀聯カードに対応する大阪上本町駅の営業所(左)と、銀聯カードで購入できる商品の例(右)。1月21日から対応する。
  • 駅の自動券売機は2月から3月にかけて、全国相互利用サービスの交通系ICカードで切符を購入できるようにする。
近畿日本鉄道(近鉄)は1月19日、訪日外国人などの利用者の利便性向上を図るため、駅におけるクレジットカードやICカードの利用可能範囲を拡充すると発表した。

まず1月21日から、中国のカードブランド「銀聯」に対応。大阪難波駅や近鉄名古屋駅など12駅の営業所で、特急券や普通乗車券を含む旅行商品の購入時に銀聯カードを利用できるようにする。近鉄は「今後も増加が見込まれる中国からの観光のお客さまに、より手軽に快適にご旅行頂きたい」としている。

駅の自動券売機は2月1日から3月20日にかけて順次、全国相互利用サービスに対応した交通系ICカードで普通乗車券などを購入できるようにする。ただし、PiTaPaはプリペイドでの利用に対応し、ポストペイでは購入できない。

3月16日からは、駅の窓口でクレジットカードが使えるように。特急券や「まわりゃんせ」などの企画乗車券を、VISA・MasterCard・JCB各ブランドのカードで購入できるようにする。定期券・特急券自動発売機と特急券自動発売機では取り扱わない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

    神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  2. JR西日本、山陰エリアにICカード導入…岡山エリアと接続

    JR西日本、山陰エリアにICカード導入…岡山エリアと接続

  3. ホームドア設置「前倒しは難しい」...東京メトロ

    ホームドア設置「前倒しは難しい」...東京メトロ

  4. ホームドア設置計画とホーム警備員増配置を見直す...東京メトロ

  5. JR東海、高山本線の高山駅を橋上化…通路に「祭屋台」

  6. JR九州の蓄電池電車、若松線で10月19日デビュー…試乗会も開催

  7. 交政審、東京圏の鉄道整備案を公表…新線の「ランク付け」行わず

  8. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  9. JR東日本、高崎支社の211系をリニューアル

  10. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら