【オートモーティブワールド16】日産佐藤部長「クルマの価値がハードからソフトにシフトする」

自動車 ビジネス 企業動向

オートモーティブワールド16 専門技術セミナー
  • オートモーティブワールド16 専門技術セミナー
  • 日産 自動運転公道テストの実験車両
  • 日産自動車 技術企画部 佐藤学 部長
  • オートモーティブワールド16 専門技術セミナー
  • オートモーティブワールド16 専門技術セミナー
  • 日産 自動運転公道テストの実験車両
日産自動車・技術企画部の佐藤学部長は、1月13日に開幕したオートモーティブワールド2016の専門技術セミナーに登壇し、クルマの電動化、知能化が進むことで、クルマの価値割合がハードウェアよりもソフトウェアにシフトしていくとの考えを示した。

佐藤部長は「クルマの電子制御の拡大によって、プログラムの量は10年間で5倍に増えたが、今後さまざまな電動化、知能化の機能が進化することに伴って、こうした傾向はさらに強まっていく」と指摘。

さらに「現時点でのクルマの価値は、エンジンの出力や静粛性、インテリアやエクステリアさらにはパネルの合わせ品質など、ほとんどがハードウェアの性能に根ざしている。ところが2020年に向けてクルマの電動化、知能化が加速すれば、よりクルマの価値が『気が利いている』という機能の部分が多くなってくると考えられる」と強調した。

その上で「そうすると例えば自動運転に代表されるように、クルマがドライバーと一緒になってより安全な運転や意志に合った走りをするといった価値を生み出すために、よりソフトウェアの進化が求められる」と述べた。

また「走る、曲がる、止まるといった自動車の基本的な性能のベースとなるプラットフォームの上に、ドライバーや乗員の方々が快適な移動を実現するためのインテリアや空調、オーディオなどの要素を持ったアッパーボディで構成されているというのが現在の一般的なクルマ造りの概念だが、電動化や知能化が進むと、こういたクルマの概念は、ハードウェアとソフトウェア、家電品またはパーソナルコンピューターと共通するような考え方、概念が重要になってくる」との見方も示した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

    ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  2. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  3. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

    富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  4. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  5. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  6. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  7. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  8. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  9. アウトモビリ・ランボルギーニ、イタリア本社のミュージアムをリニューアル

  10. イード、日本自動車ユーザー研究所を設立…環境 安全 テレマティクス を主軸に調査・研究

アクセスランキングをもっと見る