【オートモーティブワールド16】XY軸のキメ、Z軸の届きに進化…クアルコムのワイヤレス給電システム

エコカー EV

非接触給電システムを展示したクアルコム(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 非接触給電システムを展示したクアルコム(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 非接触給電システムを展示したクアルコム(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 非接触給電システムを展示したクアルコム(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 非接触給電システムを展示したクアルコム(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 非接触給電システムを展示したクアルコム(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 非接触給電システムを展示したクアルコム(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
  • 非接触給電システムを展示したクアルコム(オートモーティブワールド2016/東京ビッグサイト/2016年1月13日)
クアルコムは、13日に開幕したオートモーティブワールド2016で、自社のワイヤレス給電システムを導入した日産『リーフ』をデモ展示。DDコイルやバイポーラコイルによる非接触給電で、電力伝送・位置ずれ許容度などの向上、軽量化・小型化の進化などをアピールした。

「今回は、7.4kW伝送でリーフに標準搭載されているバッテリーを3時間程度で満充電にできることを示す」と同社スタッフ。実際にリーフを動かし、非接触給電が行われるまでを見せていた。

受電用パッドや非接触充電モジュールを搭載したリーフが、送電側のパッドの位置(X軸・Y軸)にくると、専用アプリがインストールされたスマホに「◎」が表示され、その後すみやかに充電が始まる。「ほぼ毎日充電するEV。いったん降りて、プラグをさすというアクションは、EV普及のネガティブな要素ともいえる。クルマを止めた瞬間、充電が始まるというスタイルを広め、EV量産市場へ準備が整ったことをアピールしたい」と同社スタッフは話していた。

さらに同社は、DDコイルやバイポーラコイルは、細くて高さ(Z軸)のある磁束パイプを発生させるというメリットをサンプルなどで紹介。CRコイルに比べてコンパクトで磁束のモレもおさえられるという。

「こうしたメリットから、地面の送電側と車体側の受電側でフルパワーの磁界結合ができ、位置合わせ許容度もじゅうぶんに確保される」(同社スタッフ)

また同社スタッフは、地面側の送電パッドにおける異物検出や通知システムについても紹介。「たとえば、強風送電パッドの上に空き缶やゴミがのってしまった場合、給電を中止し、ドライバーのスマホに通知する仕組みも設けている。こうした細かな仕掛けをセットにして、非接触給電の普及、その先にあるEVの普及に貢献したい」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

    【パイクスピーク16】モンスター田嶋、改造EVクラス3位…NSX に及ばず

  2. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

    【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

  3. VWグループ、EV年間300万台販売へ…2025年目標

    VWグループ、EV年間300万台販売へ…2025年目標

  4. トヨタのEVレーサー、544psにパワーアップ…目指すはパイクスピーク連覇

  5. 『頭文字D』主要登場車中で実燃費ナンバーワンは?…e燃費が発表

  6. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  7. 【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

  8. 排熱を利用した燃費改善、2023年にも実用化…矢野経済調べ

  9. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  10. 産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用

アクセスランキングをもっと見る