三菱 i-MiEV をインホイールモータ化…岡山県のクルマ技術「国際競争力を」

エコカー EV

東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
  • 東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
  • 東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
  • 東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
  • 東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
  • 東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
  • 東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
  • 東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
  • 東京・田町の三菱自動車工業本社で公開されたコンバートEV実証実験車「OVEC-TWO」(1月11日)
小型インホイールモータ車の実証実験などに取り組む、おかやま次世代自動車技術研究開発センター(OVEC)は1月11日、第2期プロジェクト実証実験車『OVEC-TWO』を公開。担当者は軽自動車ベースのインホイールモータ車に挑んだ意義などを語った。

OVEC-TWOは、三菱『i-MiEV』の後部にもともとあったインベータ、モータ、減速機やドライブシャフトなどをはずし、新たに運動制御ECU(DVCU)や専用インバータ、アウターロータ式ダイレクトドライブインホイールモータなどを装着したコンバートEV。

後輪の左右の駆動力を独立に制御できるシステムと、この変更にともなうサスペンションの変更(ダブルウィッシュボーン化)が施されている。

駆動用バッテリーは、i-MiEVのグレード「X」に使用される電池容量16kWhタイプのものをそのまま流用しながら、最大出力は23.5kW×2、最大トルクは、グレード「X」の160Nmに対し570Nm×2をマーク。「インホイールモータならではのトルクアップが、今後どんな挙動を示すかチェックしていきたい」と担当者はいう。

「コンセプトは、軽の枠を超えた走行安定性と環境性能。その実現に向けて、インホイールモータを活用し、高効率駆動システムや、電装品とシャシーのモジュール化、航続距離延長などを追求していく」(担当者)

岡山県倉敷市の三菱自動車工業水島製作所で製造されているi-MiEV。このOVEC-TWOは、公募で集まった岡山県内の企業16社と産学官で連携し、三菱と共同で研究・開発がすすめられたもの。

OVECの担当者は、「試作EVの製作を通じ、県内企業の技術力、提案力を高め、国際競争力のある“次世代自動車産業クラスター”の形成を目指す」という。同プロジェクトに参加する企業には、戸田レーシングや三乗工業なども含まれている。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

    米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  2. ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

    ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

  3. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

    三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  4. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  5. 米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備

  6. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  7. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  8. テスラ モデルS の新機能、“スマホで自動駐車”を試してみた

  9. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  10. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

アクセスランキングをもっと見る