【オートモーティブワールド16】東京R&D、鈴鹿の新アトラクション用EVカートなど展示

エコカー EV

鈴鹿サーキットのアトラクションとして登場するEVカート「サーキットチャレンジャー」
  • 鈴鹿サーキットのアトラクションとして登場するEVカート「サーキットチャレンジャー」
東京アールアンドデーは、1月13日から15日の3日間、東京ビッグサイトで開催される、企業向け自動車次世代技術専門展「オートモーティブ ワールド 2016:第7回EV・HEV駆動システム技術展」にグループ会社のピューズと共同出展する。

展示会では、同社が開発に参画した鈴鹿サーキットの新アトラクション用電動カート「サーキットチャレンジャー」、EV・FCV向け車両遠隔監視&データ分析ソリューション「ビジュアルM2M(最新版)」、ピューズ社によるDC48Vで充電可能な「電動小型車両用急速充電器」、スイス・BRUSA社のEV制御デバイスなど、次世代自動車技術に繋がる幅広い要素を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

    日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【釜山モーターショー14】シボレー スパーク EV、2015年型へ…電費性能7%向上

    【釜山モーターショー14】シボレー スパーク EV、2015年型へ…電費性能7%向上

  4. 『頭文字D』主要登場車中で実燃費ナンバーワンは?…e燃費が発表

  5. 東芝、ワイヤレス充電採用の中型EVバスで高速道路の実証走行を開始

  6. テスラ モデルS、グリーンエンジン2016受賞…3年連続

  7. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  8. 【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

  9. 【インタビュー】プリウスPHVで“省エネ”から“脱石油”のステージへ…トヨタ小木曽聡常務理事

  10. 【リコール】マツダ RX-7、走行中にボンネットが!

アクセスランキングをもっと見る