国土交通省、北朝鮮核実験で「危機管理対策室」を設置…船舶と航空機に注意喚起

船舶 行政

国土交通省は、気象庁が、北朝鮮付近を震源とする、自然地震ではない可能性のある地震波を探知し、北朝鮮が水爆実験に成功したと公表したのに対応して1月6日、「危機管理対策室」を設置した。

地震波の探知した後の1月6日10時53分、官邸も官邸対策室を設置した。

また、内閣総理大臣指示が出されたのを受けて国土交通省は、船舶の安全確保のための措置として同日12時38分、海事関係事業者に対し気象庁による地震波探知情報を提供した。

航空機の安全確保のための措置としても同日12時30分 関係航空事業者に対し気象庁による地震波探知情報を提供した。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品