【まとめ】世界初採用ITSコネクトとボディ剛性強化のビッグマイチェン…トヨタ クラウン

自動車 ビジネス 国内マーケット

トヨタ クラウン アスリートS-T
  • トヨタ クラウン アスリートS-T
  • トヨタ クラウン アスリートS-T
  • トヨタ クラウン アスリートS-T
  • トヨタ クラウン アスリート 改良新型
  • トヨタ自動車 クラウン 改良新型 発表会
  • トヨタ クラウン アスリートS-T
  • トヨタ クラウン アスリート 改良新型
  • トヨタ クラウン アスリート 改良新型
トヨタ自動車は、『クラウン』アスリートシリーズ、ロイヤルシリーズをマイナーチェンジし、10月1日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、ITS専用周波数(760MHz)を活用した「ITSコネクト」を世界初採用。クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号などの情報を、道路に設置されたインフラ設備とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援する。

エクステリアをよりダイナミックなデザインに変更。アスリートシリーズは、見る角度で表情を変える立体メッシュ形状のフロントグリルを採用。ロイヤルシリーズは、フロントバンパーに厚みを持たせ、グリル横の立体感を際立たせ、押し出し感を強調するフロントビューとした。

アスリートシリーズには、2リットル直噴ターボエンジン搭載車を追加。8速スーパーECTとの組み合わせで、低・中速域からの優れた加速性能を実現する。

マジェスタシリーズも、ITSコネクト、セルフリストアリングコートなどの採用に加え、ボディ接合部の剛性強化やフロント・リヤサスペンションの最適化など、一部改良を実施した。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。

◆ビッグマイナーチェンジで何が変わったのか

【トヨタ クラウン 改良新型】マイナーでは普通やらない規模の剛性アップ

【トヨタ クラウン 改良新型】吉田専務「あえてビッグマイナーチェンジにした」

【トヨタ クラウン 改良新型】路車間・車車間通信の「ITS Connect」を世界初搭載

【トヨタ クラウン 改良新型】アスリートのリアランプは「戦闘機のアフターバーナー」


◆2L直噴ターボも追加

【トヨタ クラウン 改良新型】2L直噴ターボ追加「燃費と余裕の走りを求めるお客様に」

【トヨタ クラウン 改良新型】2リットル直噴ターボ、アスリートシリーズに追加

【トヨタ クラウン 改良新型】秋山チーフエンジニア「ターボ比率は2割を想定」
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

    【カーエレ最前線】ライティングでドレスアップという選択

  2. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  3. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  4. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  5. HERE、トヨタの「Touch 2 with Goマルチメディアシステム」に地図データが採用

  6. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  7. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  8. FCA、アルファロメオとマセラティの新CEOを指名

  9. トヨタ、マレーシアで生産体制再編…乗用車専用工場を新設

  10. 【NEW環境展16】福島の除染で活躍した高圧洗浄車、空港への導入狙う新型

アクセスランキングをもっと見る