人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

熊本市電、来年2月に運賃改定へ…20円値上げ

鉄道 行政

熊本市交通局はこのほど、市電の上限運賃の変更を国土交通省九州運輸局長に申請したと発表した。認可された場合、2016年2月1日に運賃を変更する予定。実際に適用される運賃額(実施運賃)は、今より20円高い170円になる。

改定率は平均15.7%。大人運賃の上限は現在の150円から177円に引き上げるが、実施運賃は170円とし、現在より20円の値上げになる。

通勤定期券は現在、上限5550円で認可されており、実施運賃は5400円としているが、改定後は上限額を6370円とし、実施運賃は今より720円高い6120円とする。通学定期券(大人)は、現在の上限4630円・実施4500円から上限5310円・実施5100円に変更される。実施運賃ベースでは600円の値上げだ。

交通局の発表などによると、市電の運賃は1998年の消費税率引上げに伴う運賃への転嫁を実施。2007年には、130~200円の距離制運賃から150円均一運賃への変更を行ったが、本格的な値上げは1992年10月以降、見送ってきた。2014年4月の消費税率引上げでも、普通運賃は上限・実施運賃ともに据え置き、定期運賃は上限額を引き上げたものの、実施運賃は据え置いている。

しかし、経営の悪化から「将来的に持続可能な市電事業の自立的経営を目指す」として、12月18日に上限運賃の変更を申請したという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 東京メトロと東武鉄道、荷物輸送の実証実験…物流3社と共同実施

    東京メトロと東武鉄道、荷物輸送の実証実験…物流3社と共同実施

  2. 阪神電鉄、駅内外に「オープン型宅配ロッカー」を設置

    阪神電鉄、駅内外に「オープン型宅配ロッカー」を設置

  3. JR西日本、大津駅のリニューアル10月完了へ…商業施設オープン

    JR西日本、大津駅のリニューアル10月完了へ…商業施設オープン

  4. 西武鉄道、多摩湖線の代行輸送を増強

  5. 消滅していない? JR東海が東海道線で急行列車を運行

  6. 多摩モノレールの利用者数、7億人突破…記念ヘッドマーク掲出

  7. 神奈川東部方面線、2022年下期の開業に…当初より3年遅れ

  8. JR北海道、台風の影響で一部運休続く…保線車両も脱線

  9. 【SL乗務員OBトーク #3】東北初の寝台特急「はくつる」牽引、C61の行路

  10. JR東海、高山本線の高山駅を橋上化…通路に「祭屋台」

アクセスランキングをもっと見る