JTBクルーズ、「飛鳥II」ロイヤルスイート利用の限定コースを発売…銀座本店オープン1周年記念

船舶 企業動向

JTBクルーズ、「飛鳥II」ロイヤルスイート利用の限定コースを発売…銀座本店オープン1周年記念
  • JTBクルーズ、「飛鳥II」ロイヤルスイート利用の限定コースを発売…銀座本店オープン1周年記念
JTB首都圏は、クルーズ旅行専門店「JTBクルーズ銀座本店」オープン1周年特別企画として、日本船では「飛鳥II」の最高級客室ロイヤルスイートを利用した限定コース、外国船では「クイーン・エリザベス」の2017年世界一周クルーズを発売した。

JTBクルーズ銀座本店は、注目度が高まっているクルーズ旅行を強化するため、発足し、仕入強化、新たな企画、プロモーションを利用した新規顧客層開拓に取り組み、外国船フライ&クルーズが前年比27%増の取扱となった。

「飛鳥II」を利用する商品「JALファーストクラス利用×飛鳥IIロイヤルスイート限定 黒川温泉 里の湯和らく&博多・横浜クルーズ4日間」は、国内のフライ&クルーズ商品を拡充させるための第1弾として企画した。ロイヤルスイート利用のため、3組限定となる。飛鳥IIで4室しかないロイヤルスイートのうち、3室を今回の企画のために確保した。2016年4月17日出発で、旅行代金は2人で100万円(2人1室利用)。

同社では、例年春に飛鳥IIが実施していた世界一周は、2016年は実施せず、国内クルーズが中心にとなるためコース数が約2倍となる。コースのバリエーションが増えることにより、短期間の休暇しか取れない人でも参加できるよう、片道飛行機や列車を使った商品を充実させていく。

また、世界でも有名な豪華客船「クイーン・エリザベス」を利用する商品「JTBクルーズ プレミアがお届けする特別な旅 憧れのクイーン・エリザベスで航く2017年世界一周クルーズ127日間」は、25カ国、39の寄港地を127日間かけて巡る世界一周クルーズ。日本に寄港する外国船が増えている中でもクイーン・エリザベスの人気は高く、注目されている船の一つ。全行程添乗員同行で、経験豊富な添乗員が長期間のクルーズもサポートする。

旅行代金は1人358万~1348万円(エコノミークラス、2人1室利用)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

    日本の豪華大型クルーズ船が名古屋ガーデンふ頭に同時入港でイベント開催…5月31日

  2. 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

    視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

  3. 日本・韓国・ドイツ・台湾の船会社6社が提携…「ザ・アライアンス」を設立

    日本・韓国・ドイツ・台湾の船会社6社が提携…「ザ・アライアンス」を設立

  4. 東京港に寄港できる最大のクルーズ客船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」が初入港

  5. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  6. 【静岡ホビーショー16】ハセガワ、新作ウォーターライン「日本海軍 戦艦 三笠」を展示

  7. 八代港と博多港を結ぶ海上代替航路を臨時開設…被災者に生活支援物資を海上輸送

  8. 日本海洋掘削、プレミアムクラスのジャッキアップ型リグ「HAKURYU-11」を受領

  9. 三菱重工、総客室数1643室の大型客船をアイーダ・クルーズに引き渡し…当初計画から1年遅れ

  10. 三菱重工舶用機械エンジン、最新の低速舶用ディーゼル初号機が完成

アクセスランキングをもっと見る