【メルセデスベンツ Aクラス 改良新型】ウェブ販売の可能性を探る3モデル

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ A180Customized Version
  • メルセデスベンツ A180Customized Version
  • メルセデスベンツ AクラスのCMより
  • メルセデスベンツ AクラスのCMより
  • PerfumeとメルセデスベンツAクラス
  • メルセデスベンツ A180Edition Green
  • メルセデスベンツ A180Edition Green
  • メルセデスベンツ A180Edition Green
  • メルセデスベンツ A250シュポルトモータースポーツエディション
フェイスリフトしたメルセデスベンツ『Aクラス』は、特別仕様車として、ウェブ上でユーザーの好みに合わせた仕様にすることができる「A180 Customized Version」を3月31日までの期間限定で注文を受け付けるなど、ウェブ上での施策を大きく3つ実施する。

なぜウェブ上でいわゆるパーソナライゼーションや、限定車の販売などを行うのか。この理由について、メルセデス・ベンツ日本営業企画部商品企画2課廣澤臣哉さんは、「このクルマの狙っているのは、比較的若いマインドのユーザー。その層の購買行動は、Amazonや楽天などネット上で買い物をすることが多い。そのことを踏まえ、ウェブとの親和性を強調したかった」と話す。

A180 Customized Versionは、カタログ仕様の内外装色以外に、ウェブのみの内外装色やパッケージオプションに含まれる装備を個別に選べるなど、ユーザーの好みに合わせた仕様にすることが可能だ。

次に、ウェブ上での限定車として、『A180 Edition Green』がある。これは、エルバイトグリーンにブラックとグリーンの2トーンレザーツインの内装を組み合わせ、専用デザインのアルミホイールを装着したもので、30台限定で販売される。

さらに『A250 シュポルトモータースポーツエディション』については、メルセデスAMGペトロナスF1チームのマシンデザインを取り入れた特別仕様車で、専用のリアスポイラーやアルミホイールを装着し、前後バンパートリムなどにぺトロールグリーンペイント仕上げを採用している。

ウェブ上では、このモデルのファーストオーナーキャンペーンを実施。抽選で1名に 第1号車の“商談の権利”をプレゼントする。廣澤さんによると、「1号車が欲しいというユーザーが多いので、このキャンペーンを実施する」という。

廣澤さんは、「ウェブは無視できないツールだと考えている。そこで様々なパターンを試みて、その結果を判断しながらほかのクラスでも試みていきたい」と話す。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  2. 【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

    【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

  3. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  4. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  5. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  6. 【IIHS衝突安全】メルセデス GLE、トップセーフティピック+に指定

  7. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  8. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  9. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  10. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

アクセスランキングをもっと見る