【メルセデスベンツ Aクラス 改良新型】ウェブ販売の可能性を探る3モデル

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ A180Customized Version
  • メルセデスベンツ A180Customized Version
  • メルセデスベンツ AクラスのCMより
  • メルセデスベンツ AクラスのCMより
  • PerfumeとメルセデスベンツAクラス
  • メルセデスベンツ A180Edition Green
  • メルセデスベンツ A180Edition Green
  • メルセデスベンツ A180Edition Green
  • メルセデスベンツ A250シュポルトモータースポーツエディション
フェイスリフトしたメルセデスベンツ『Aクラス』は、特別仕様車として、ウェブ上でユーザーの好みに合わせた仕様にすることができる「A180 Customized Version」を3月31日までの期間限定で注文を受け付けるなど、ウェブ上での施策を大きく3つ実施する。

なぜウェブ上でいわゆるパーソナライゼーションや、限定車の販売などを行うのか。この理由について、メルセデス・ベンツ日本営業企画部商品企画2課廣澤臣哉さんは、「このクルマの狙っているのは、比較的若いマインドのユーザー。その層の購買行動は、Amazonや楽天などネット上で買い物をすることが多い。そのことを踏まえ、ウェブとの親和性を強調したかった」と話す。

A180 Customized Versionは、カタログ仕様の内外装色以外に、ウェブのみの内外装色やパッケージオプションに含まれる装備を個別に選べるなど、ユーザーの好みに合わせた仕様にすることが可能だ。

次に、ウェブ上での限定車として、『A180 Edition Green』がある。これは、エルバイトグリーンにブラックとグリーンの2トーンレザーツインの内装を組み合わせ、専用デザインのアルミホイールを装着したもので、30台限定で販売される。

さらに『A250 シュポルトモータースポーツエディション』については、メルセデスAMGペトロナスF1チームのマシンデザインを取り入れた特別仕様車で、専用のリアスポイラーやアルミホイールを装着し、前後バンパートリムなどにぺトロールグリーンペイント仕上げを採用している。

ウェブ上では、このモデルのファーストオーナーキャンペーンを実施。抽選で1名に 第1号車の“商談の権利”をプレゼントする。廣澤さんによると、「1号車が欲しいというユーザーが多いので、このキャンペーンを実施する」という。

廣澤さんは、「ウェブは無視できないツールだと考えている。そこで様々なパターンを試みて、その結果を判断しながらほかのクラスでも試みていきたい」と話す。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

    VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  2. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

    日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  3. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  4. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  5. 【ニュル24時間 2016】ヒュンダイの高性能車ブランド「N」開発車両が参戦へ

  6. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  7. ロールスロイス レイス ブラックバッジ 日本初公開…“エッジー”なユーザー捉える俊敏なロールス

  8. アルファロメオ ジュリエッタ にお得な限定車…ベース車より10万円安

  9. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  10. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

アクセスランキングをもっと見る