【トヨタ プリウス 新型】事前受注すでに6万台、納車まで早くて3か月

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス 発表会
  • トヨタ プリウス 発表会
トヨタ自動車は12月9日、主力ハイブリッド車(HV)の『プリウス』を6年7か月ぶりに全面改良して発売した。注目の燃費は最も良いグレードで40.8km/リットル(JC08モード)と、従来モデルより25%の大幅改善を図った。

新型は新しい開発手法である「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の初適用などで、走りや静粛性といった基本性能も大きく改良した。さらに、自動ブレーキなどの先進安全技術パッケージである「トヨタ・セーフティ・センスP」を新設定している。

国内では全トヨタディーラー扱いで、月間1万2000台の販売目標を掲げた。11月初めから予約受注活動を展開し、約1か月で6万台と好調な出足になっている。同社によると、これからの注文だと中・上位価格帯で装備も充実している「A」グレードは納車までに4~5か月、そのほかも3~4か月を要すという。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品