【トヨタ プリウス 新型】クラス世界トップレベルの低燃費 40.8km/Lを実現…242万9018円から

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ プリウス 発表会(加藤光久 副社長)
  • トヨタ プリウス 発表会(加藤光久 副社長)
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
  • トヨタ プリウス
トヨタ自動車は、『プリウス』をフルモデルチェンジし、12月9日より販売を開始した。

新型プリウスは、最大熱効率40%を実現したエンジンの搭載をはじめ、モーター、トランスアクスル、パワーコントロールユニット、駆動用バッテリーといったシステム全体で小型・軽量化を実現。さらに約20%の低損失化を図り、環境性能に磨きをかけた。

「E」グレードでは、クラス世界トップレベルの40.8km/リットル(JC08モード)を実現。その他の2WD車も37.2km/リットルの低燃費を実現し、全グレード「エコカー減税」の免税対象とした。

また新型プリウスは、「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の思想に基づくクルマづくりを適用した第1号車となる。低重心パッケージによるエモーショナルなスタイルや、先進的で温かみを持たせたインテリアを創出。ボディねじり剛性を約60%向上させた高剛性ボディやダブルウィッシュボーンリヤサスペンションの新採用などにより、走る楽しさや快適性を向上させた。

安全性能では、衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センスP」を一部グレードに標準装備。また、ITS専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した運転支援システム「ITSコネクト」を設定する。さらに、バイ・ビームLEDヘッドランプ、スマートエントリー&スタートシステムを全車標準装備とした。

なお、グレード体系は、低燃費を追求した「E」、基本装備を充実した「S」、先進装備を充実した「A」、「A」の装備に本革巻きのステアリングホイール・本革シートなど、上級装備を充実した「Aプレミアム」を設定。さらに、雪道での一般的な走行における発進をアシストすることで、安定した走りを実現する「E-Four(電気式4輪駆動方式)」をプリウス初の4輪駆動として設定した。

価格は242万9018円から339万4145円。月販目標は1万2000台。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

    シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  4. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  5. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  6. 【MINI コンバーチブル】MINIを感じさせながらも、洗練されたデザインに

  7. メルセデス AMG E63 S、これが612馬力の心臓だ!

  8. 【グッドウッド16】レクサス RC F のGT3レーサー…ヒルクライムに

  9. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  10. ルノー アラスカン、間もなくデビュー…新型ピックアップトラック

アクセスランキングをもっと見る