国土交通省、クルーズ船社向けサイトに寄港地周辺のイベント情報提供を追加

船舶 行政

「CRUISE PORT GUIDE OF JAPAN」(サイト)
  • 「CRUISE PORT GUIDE OF JAPAN」(サイト)
国土交通省は、クルーズ船社へ寄港地の観光情報を提供するウェブサイト「CRUISE PORT GUIDE OF JAPAN」にイベントスケジュールが一覧できる機能を追加すると発表した。

国交省港湾局と観光庁は、クルーズ振興を通じた地域活性化や観光立国の実現のため、2014年3月にウェブサイト「CRUISE PORT GUIDE OF JAPAN」を国交省ホームページに開設し、国内外のクルーズ船社に向けて、港を起点とした観光情報や観光スポットまでの交通アクセスなどを公開している。

日本の港湾へクルーズ船の寄港回数は増加傾向にあり、2014年に外国船社が運航するクルーズ船は653回、日本船社も含めると1204回となり過去最高となった。こうした中で、日本へ寄港を検討する外国クルーズ船社から、寄港スケジュールの立案のため、港湾周辺で行われるイベントの予定を発信してほしいとの要望があった。

これを受けて、全国114の港湾管理者や地方自治体の首長で構成する「全国クルーズ活性化会議」が協力し、同ウェブサイトに港周辺のイベントスケジュールが一覧できる機能を追加した。

まず「花火大会」、「祭り」、「季節のイベント(春・夏・秋・冬)」などの区分ごとに、港湾周辺で行われるイベントについて、約2年から3年先までのスケジュールが一覧できる機能を追加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

    視察船「新東京丸」による東京港見学会、土曜日に定期開催

  2. 海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

    海上保安庁、伊勢志摩サミットに向けて海上警備準備本部を設置

  3. 商船三井フェリー、「さんふらわあ だいせつ」が復帰…安全設備を増設

    商船三井フェリー、「さんふらわあ だいせつ」が復帰…安全設備を増設

  4. 日本・韓国・ドイツ・台湾の船会社6社が提携…「ザ・アライアンス」を設立

  5. 【シージャパン16】水難救助に威力を発揮…投げて水中で膨らむ浮き輪

  6. 【静岡ホビーショー16】ハセガワ、新作ウォーターライン「日本海軍 戦艦 三笠」を展示

  7. 【シージャパン14】日本無線、大型商船向け統合ブリッジシステムを出展

  8. 世にも珍しい左側航行は日本でここだけ…航路が変わる来島海峡[フォトレポート]

  9. 軍艦の“縦列係留”、防空壕、廃線跡…日本海唯一の軍港都市・舞鶴[フォトレポート]

  10. 三菱重工、1番船の失敗を踏まえ改善対策…客船事業評価委員会を設置

アクセスランキングをもっと見る