トヨタ プリウス 新型、米国仕様の燃費公表…量産乗用車で最高

エコカー ハイブリッド

トヨタ プリウス 新型(北米仕様)
  • トヨタ プリウス 新型(北米仕様)
  • トヨタ プリウス 新型(北米仕様)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
  • トヨタ プリウス 新型(北米モデル)
トヨタ自動車が2015年12月、まずは日本国内で発売する新型『プリウス』。同車の米国仕様の燃費性能が公表された。

これは11月18日、トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売が明らかにしたもの。新型プリウスの米国EPA(環境保護局)予想燃費(最終確定値ではない)を発表している。

新型プリウスの米国EPA予想燃費は、市街地が約23km/リットル、高速が約21.3km/リットル、複合モードが約22.1km/リットル。米国トヨタ販売によると、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を除けば、米国の量産乗用車で最高燃費という。

また、新型には、「エコ」グレードを設定。軽量化やエアロダイナミクス性能向上を図り、さらなる燃費性能を追求した。

このエコグレードの場合、米国EPA予想燃費は、市街地が約24.7km/リットル、高速が約22.5km/リットル、複合モードが約23.8km/リットルと公表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

    米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  2. 産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用

    産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用

  3. ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

    ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

  4. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  5. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  6. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  7. 三菱リコール問題を一気読み

  8. 米EVテスラ、過去最大規模の公募増資…モデル3 の生産準備

  9. 日産、伊勢志摩サミット開催地などへ e-NV200 を無償貸与

  10. ガソリンエンジンの自己着火、課題と実現への目算…次世代SKYACTIV開発者に聞く

アクセスランキングをもっと見る