日産 セレナ、ライダー シリーズに新グレード「Sエディション」

自動車 ニューモデル 新型車

セレナ ライダーSエディション
  • セレナ ライダーSエディション
  • セレナ 20S チェアキャブ リフタータイプ
オーテックジャパンは、日産『セレナ』の新グレード追加・一部仕様変更にあわせ、カスタムカー「ライダー」シリーズに新グレード「ライダーSエディション」を追加するとともに、福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズを一部仕様変更し、11月25日より販売を開始した。

ライダー Sエディションは、「ハイウェイスター Sエディション」と同様に「20S」をベースに、「ライダー」専用のエクステリアとインテリアを採用したほか、エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)やLDW(車線逸脱警報)を標準装備した。また、プッシュエンジンスターター、インテリジェントキー、助手席側のワンタッチオートスライドドアなどを標準装備し、利便性を向上させた。

LVシリーズは、「20S」グレードにエマージェンシーブレーキを標準装備。これによって、セレナ LVシリーズは全グレードにおいて自動ブレーキ標準装備となった。

価格はライダーSエディションが273万5640円(2WD)、LVシリーズ 20Sが258万7680円から340万8000円。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品