人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ウェザーニューズ、アクセルスペースに資本参加…超小型衛星を利用した気象情報提供を拡充

宇宙 企業動向

ウェザーニューズは、アクセルスペースに資本参加し、超小型衛星を利用した気象情報サービスのグローバル展開を加速すると発表した。

ウェザーニューズは、アクセルスペースが発行した総額19億円の第三者割当増資の一部を引き受けた。アクセルスペースは今年9月、約18億円の第三者割当増資を実施しており、今回は1億円をウェザーニューズとベンチャーキャピタルが共同で引き受けたもの。

ウェザーニューズでは、アクセルスペースへの出資で、超小型衛星を利用した独自観測を拡大し、気象情報のグローバル展開を加速する方針。ウェザーニューズは北極海航路の運航支援のため、アクセルスペースと共同で「WNISAT-1」を開発、2013年11月に打ち上げた。2号機となる「WNISAT-1R」は2015年9月に完成、2016年春に打ち上げる予定。

「WNISAT-1」、「WNISAT-1R」に加えて、複数数の超小型衛星を利用することで、ウェザーニューズは北極海航路の運航支援を充実するほか、気象情報サービスも拡充していく。

ウェザーニューズでは、気象情報の提供に加え、対応策も提供しており、常に変化する気象、海象、地象状況に対して適切な対応策を提案するため、頻繁な情報更新が必要となる。多数の超小型衛星を利用することで地球観測情報の更新頻度を増やせば、より適切な対応策を提案できる。

このため、今回の出資を通してアクセルスペースが展開する地球観測事業と、ウェザーニューズが展開する気象情報サービスを融合していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

    アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

  2. 民間月探査機『ハクト』、GoogleルナXプライズ中間賞にノミネート

    民間月探査機『ハクト』、GoogleルナXプライズ中間賞にノミネート

  3. ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

    ISS補給機「こうのとり」6号機の打ち上げ延期…配管に不具合

  4. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  5. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  6. 解像度40センチの超高精細衛星画、米デジタルグローブが初公開

  7. 「はやぶさ2」の光学航法望遠カメラで火星を撮影

  8. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  9. 2017年は日食が2回、月食が1回…国立天文台が暦要項を公表

  10. スパコン「京」と国立天文台「アテルイ」活用、宇宙構造形成の大規模シミュ実施

アクセスランキングをもっと見る