【ダイハツ キャスト 試乗】高級感ある軽自動車を作らせたら、さすがのダイハツ…諸星陽一

試乗記 国産車

ダイハツ キャスト スタイル
  • ダイハツ キャスト スタイル
  • ダイハツ キャスト スタイル
  • ダイハツ キャスト スタイル
  • ダイハツ キャスト スタイル
  • ダイハツ キャスト スタイル
  • ダイハツ キャスト スタイル
  • ダイハツ キャスト スタイル
  • ダイハツ キャスト スタイル
ダイハツの新型軽自動車『キャスト』。3シリーズあるキャストのうち、高級指向のモデルとなっているのが「スタイル」。

グリルやバックドアのガーニッシュなどにメッキパーツをあしらったエクステリアは光輝感にあふれ、若い女性などにはかなりアピールしそうな雰囲気。さらに試乗車には「デザインフィルムトップ」を採用。これはルーフ部分に立体的に加工ラッピングフィルムを貼り付け2トーンスタイルを実現したもので、ワクワク感あふれるエクステリアを実現している。

プラットフォームは『ムーヴ』と共通だが、ハイトワゴン感はない。SUV系を標榜するが、それほどのSUV感もなく、上質な『ミラ』という感じだ。試乗車は52馬力の自然吸気エンジンを積む。加速感は力強くはないが、普通に走らせる分には十分なもの。一般道の登り坂でもさほどの力不足は感じない。

1600mmという全高を考慮すればコーナーリング時のロールも少なめで安定感が高い。スタイルはタイヤが165/55R15とアクティバよりも低扁平のタイヤが採用されているので、コーナリングに安定感が増しているのだろう。逆に乗り心地は若干ながら落ちる感じがする。

とはいえ、こうしたジャンルの軽自動車を作るとダイハツは上手い。ちょとしたときに起きがちな“ブルッ”とした振動などを上手に抑えこんでいて、高級感があふれている。リッタカーを買おうか、それとも軽自動車にしておこうか? と悩んでいるときにキャストに乗ったら、かなり軽自動車に気持ちが傾きそうな予感。事実、発売後1か月の受注状況は2万台と目標の4倍(キャスト全体)に達している。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品