トヨタ MIRAI、まさかのガルウィングに変身…『バック・トゥ・ザ・フューチャー』仕様 | レスポンス(Response.jp)

トヨタ MIRAI、まさかのガルウィングに変身…『バック・トゥ・ザ・フューチャー』仕様

自動車 ニューモデル 新型車

バック・トゥ・ザ・フューチャー MIRAI コンセプト
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー MIRAI コンセプト
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー MIRAI コンセプト
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー MIRAI コンセプト
トヨタ自動車の市販燃料電池車、『MIRAI』(ミライ)。同車の米国発売日に合わせて、大胆なコンセプトカーが登場した。

これは10月21日、米国トヨタ販売が、MIRAIの米国発売記念イベントで披露した1台。『バック・トゥ・ザ・フューチャー MIRAI コンセプト』が初公開されている。

MIRAIの米国発売日は、2015年10月21日。これは1989年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』において、主人公のマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)が、タイムスリップした未来の1日と同じ日に設定された。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と関係の深いMIRAI。バック・トゥ・ザ・フューチャーMIRAIコンセプトでは、映画に起用されたタイムマシンカー、『デロリアンDMC-12』と同じガルウィングドアを採用。MIRAIを、タイムマシンにカスタマイズしたというわけ。

インテリアも、同様のコンセプト。ヘッドアップディスプレイを装備し、タイムトラベルの年代を設定できるという想定。厚みのあるガルウィングドアに合わせて、前後フェンダーが拡幅されているのも見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品