日産 アルティマ、米国版 ティアナ に2016年型…表情一新

自動車 ニューモデル 新型車

日産 アルティマ の2016年モデル
  • 日産 アルティマ の2016年モデル
  • 日産 アルティマ の2016年モデル
  • 日産 アルティマ の2016年モデル
  • 日産 アルティマ の2016年モデル
  • 日産 アルティマ の2016年モデル
  • 日産 アルティマ の2016年モデル
日産自動車の米国法人、北米日産は9月下旬、『アルティマ』(日本名:新型『ティアナ』)の2016年モデルを発表した。

現行アルティマは2012年8月、米国市場に投入。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマ。日本市場には、新型ティアナとして導入された。

今回、米国で発表された2016年モデルでは、現行型のデビューから3年を経て、初の大がかりな改良を実施。内外装を中心にリニューアルし、モデルライフ後半に備える。

外観は、Aピラーから前の部分を一新。バンパー、フェンダー、ボンネット、ライトを変更して、新たな表情を作り出す。Vモーショングリルとブーメラン状のヘッドライトを、新型『ムラーノ』や新型『マキシマ』に続いて採用した。リアは、バンパーやトランクリッドが新しい。エアロダイナミクス性能も引き上げられた。

室内は、新型ムラーノや新型『ローグ』(新型『エクストレイル』の兄弟車)に続いて、「グライダーウィング」デザインを導入。センタースタックを新設計し、5インチまたは7インチのモニターが用意される。ステアリングホイールは新デザイン。NASAから着想を得た先進的な「ゼログラビティシート」も、形状を変更。シートやドアトリムの生地を見直し、質感を高めている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

    VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  4. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  6. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  7. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら