ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援

宇宙 テクノロジー

ウェザーニューズは、北極海の海氷を観測し北極海航路を航行する船舶をサポートするための超小型衛星「WNISAT-1R」が完成し、カザフスタン共和国・バイコヌール宇宙基地から2016年春に打ち上げると発表した。

同社は、北極海航路を利用する船舶の安全運航を支援する目的で、2013年11月に北極海の海氷を観測するための超小型衛星「WNISAT-1」の打ち上げに成功したものの、撮像機器の故障によりミッション遂行が延期となっていた。

今回、リカバリー衛星として開発を進めていた超小型独自衛星2号機「WNISAT-1R」の製作が完了。初号機「WNISAT-1」打ち上げと運用の経験から、姿勢センサーの耐放射線性を強化するとともに、搭載カメラを冗長化した。

また、次号機以降の技術開発を目的とした新たな機器を搭載するなどの機能も追加した。2016年夏から本格的な北極海の海氷観測を開始し、「Polar Routeing Service」を強化する。加えて、北極海の海氷、台風の雲頂高度や火山噴火の際の噴煙高度の観測も目指す。

2016年春にカザフスタン・バイコヌール宇宙基地からソユーズロケットで打ち上げる予定。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品