西武鉄道の新型車「40000系」、2017年春から運行開始…ロング・クロス転換機構を搭載

鉄道 企業動向

西武鉄道の新型通勤電車「40000系」のイメージ。2017年春から運行を開始する。
  • 西武鉄道の新型通勤電車「40000系」のイメージ。2017年春から運行を開始する。
  • 一部の編成には「ロング・クロスシート転換車両」を導入する。画像はクロスシート状態のイメージ。
  • 一部の編成には「ロング・クロスシート転換車両」を導入する。画像はロングシート状態のイメージ。
  • 池袋線池袋方・新宿線本川越方の先頭車には、車椅子やベビーカー、大きな荷物を持った利用者に対応したスペース「パートナーゾーン」を設ける。
  • パートナーゾーンは中央部に簡易的な座席や車椅子固定設備を設けるという特異な配置になる。
  • 40000系の主要諸元。
西武鉄道は8月24日、新型通勤電車「40000系」を2016年度から2019年度にかけて、80両導入すると発表した。ロングシートとクロスシートの転換機構を搭載するなど、同社初の設備を備えた車両で、2017年春から運行を開始する。

発表によると、40000系は「スマイルトレイン」こと30000系電車の後継となる新型車両。アルミ合金製の車体で軽量化を図るほか、IGBT-VVVFインバーター制御装置や永久磁石同期モーター(PMSM)、LED照明の採用により、電気使用量を約40%削減する。外観は「西武グループのコーポレートカラーを基調にしつつ、『山の緑と空の青』をイメージした当社線沿線の風景や自然を感じさせるカラーリング」を採用するという。

一部の編成には、座席をレール方向(ロングシート)と枕木方向(クロスシート)の両方に変化させることができる「ロング・クロスシート転換車両」を導入する。同様の機構を持つ座席を設置した車両は近畿日本鉄道(近鉄)や東武鉄道などにあるが、西武鉄道が導入するのは初めてだ。

このほか、池袋線池袋方・新宿線本川越方の先頭車1両に「パートナーゾーン」を設ける。車椅子やベビーカー、大きな荷物を持った利用者に対応したスペースで、運転台方の一つ目のドアから二つ目のドアの間のスペースを広くとり、車椅子を固定できる設備や「軽く腰掛けられる新しいデザインの座席」を中央部に配置する。このスペースの窓は従来より大きくし、子供たちが車窓の景色を楽しめるようにするという。

また、車内環境の向上を図るため、シャープの「プラズマクラスター」を搭載。プラス・マイナスのイオンをプラズマ放電により作り出して放出し、空気を浄化する。情報配信装置「スマイルビジョン」も各ドアの上に設置し、行先や停車駅、駅の設備、ドアが開く方向、運行情報を表示する。

製造メーカーは川崎重工業で、10両編成8本を導入。2017年春以降、順次運行を開始する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

    JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

  3. 鉄道の災害運休区間、大雨の影響で約17km増…6月末

    鉄道の災害運休区間、大雨の影響で約17km増…6月末

  4. JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

  5. JR東日本、上越新幹線で新潟の「朝採り」枝豆を車内販売…7月から

  6. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  7. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  8. 西日本大雨でJR3社の鉄道路線が運休…土砂災害も発生

  9. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  10. 「JR東日本アプリ」が進化、アクセス集中時に表示を変更

アクセスランキングをもっと見る