日産 リーフ が航続距離1.3倍に? 米販売店が示唆

エコカー EV

日産 リーフ (米国仕様)
  • 日産 リーフ (米国仕様)
  • 日産 リーフ (米国仕様)
  • 日産 リーフ (米国仕様)
日産自動車のEV、『リーフ』。同車の米国仕様車が、2016年モデルで大きな進化を果たすとの情報を、米国の販売店が発信している。

これは、米国インディアナ州インディアナポリスの日産販売店、「Andy Mohr Avon Nissan」が公式サイトを通じて明らかにしたもの。2016年モデルとして、改良が噂されるリーフについて、独自に情報を入手し、公開している。

リーフは2010年末、日本と米国で発売。量産自動車メーカー初の市販EVとして、話題を集めた。現在でも、世界のEV市場をリードするリーフだが、2016年型では、どのあたりが変わるのか。

Andy Mohr Avon Nissanによると、2016年型のリーフでは、航続距離の延長が、最大の進化点。現行型よりも、蓄電容量を25%増したバッテリー(二次電池)搭載車が設定され、米国では最大で110マイル(約177km)の走行を可能にしているという。

現行リーフの米国仕様は、1回の充電で最大84マイル(約135km)走行可能。同販売店の情報によると、2016年型では航続距離を1.3倍に引き上げ、実用性の向上が図られることになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

    BMW i3 改良新型、予約がほぼ5000台…欧州

  2. 日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

    日産 ムラーノ 新型にハイブリッド、米国市場で発売

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. コンパクトカー衝突テスト、結果にメーカーが反論

  5. 燃料電池スタック全体のシミュレーション、みずほ情報総研が実現…世界初

  6. トヨタの欧州ハイブリッド車販売、44%増の14万台超え 上半期

  7. 意外と知らない? 国産高級車 レクサス の実燃費

  8. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX のEVレーサー、改造EVクラス2位…総合3位

  9. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  10. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら