まるで次期 プリウス!? ヒュンダイ「プリウスハンター」がベールを脱いだ

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイが開発中のPHEV、通称「プリウスハンター」スクープ写真
  • ヒュンダイが開発中のPHEV、通称「プリウスハンター」スクープ写真
  • トヨタ プリウス次期型 開発車両(参考画像)
  • ヒュンダイが開発中のPHEV、通称「プリウスハンター」スクープ写真
  • ヒュンダイが開発中のPHEV、通称「プリウスハンター」スクープ写真
  • ヒュンダイが開発中のPHEV、通称「プリウスハンター」スクープ写真
  • ヒュンダイが開発中のPHEV、通称「プリウスハンター」スクープ写真
  • ヒュンダイが開発中のPHEV、通称「プリウスハンター」スクープ写真
  • ヒュンダイが開発中のPHEV、通称「プリウスハンター」スクープ写真
「プリウスハンター」として話題の、韓国ヒュンダイが開発中のPHEVがついにベールを脱いだ。フロント部は未だ厳重な擬装がされているが、ルーフからリアゲートへの流れるようなラインをはっきりと確認することができた。

初スクープからトヨタ『プリウス』そっくりと言われているが、改めてこのプロトタイプのデザインを見ると現行プリウスというよりも、6月にスクープした次期プリウスに近いことがわかる。

リアコンビランプこそ、横型、縦型の違いはあるが、ルーフライン、サイドウィンドウ、リアゲートのガラス部の処理などが酷似している。

次期プリウスはワンモーションフォルムではなくなるようで、ボンネットとフロントウィンドウに角度がつくため、これもこのヒュンダイPHEVのような感じになりそうなのだ。

パワートレインは1.6リットル4気筒と電気モーターでリチウムイオンバッテリーが組み合わされる。

ワールドプレミアは1年以内とみられている。
《子俣有司@アポロニュースサービス》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品