BMW、最新の燃料電池プロトタイプ車を初公開…トヨタと提携の成果

エコカー EV

BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
  • BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
  • BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
  • BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
  • BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
  • BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
  • BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
  • BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
  • BMW5シリーズGTの燃料電池プロトタイプ車
BMWグループは7月2日、ドイツで先進技術説明会「イノベーションデイズ2015」を開催。最新の燃料電池車のプロトタイプを初公開した。

BMWグループは2011年12月、トヨタ自動車との間で、次世代環境車・環境技術における中長期的な協力関係を構築することで合意。2013年1月、両社は協業に関する正式契約を締結した。

両社の協業の具体的な内容のひとつが、燃料電池(FC)システムの共同開発。BMWとトヨタは、ゼロエミッション社会の実現に向け、FC技術の普及を共通の目標とし、中長期的な協力を進める。2020年を目標に、両社の技術を持ち寄り、FC車の普及拡大を目指し、FCスタックシステムをはじめ、水素タンク、モーター、バッテリーなど、FC車の基本システム全般の共同開発を行う。また、FC車の普及に必要な、水素インフラの整備や規格・基準の策定に向けて協力していく、と発表していた。

今回、BMWグループがドイツで初公開した最新の燃料電池車のプロトタイプは、BMWグループとトヨタのFCシステム共同開発の初の成果。BMWの『5シリーズGT』をベースにしたプロトタイプ車両を披露した。

モーターは、最大出力245hpを発生。モーターの制御や高圧バッテリーなどは、BMWの「i」やプラグインハイブリッド車の技術が応用された。水素タンクは前後アクスル間に配置され、水素満タン状態で最大およそ500kmの航続を可能にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

    日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【リコール】マツダ RX-7、走行中にボンネットが!

    【リコール】マツダ RX-7、走行中にボンネットが!

  4. 三菱リコール問題を一気読み

  5. テラモーターズ、EVスクーターの農業系取り扱い店舗数が100を突破

  6. 【プリウス vs フィットHV メカニズム比較】THS IIとIMAについておさらい

  7. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

  8. 【パイクスピーク16】ホンダ、新型 NSX モチーフのEVレーサーで参戦…4モーター

  9. 【リコール】三菱ふそう キャンター など4車種の燃料噴射装置

  10. 【EVバス運行開始】車両価格8000万円、満充電での航続は30km

アクセスランキングをもっと見る