沖縄自動車道にアプローチするモノレール…延伸区間に姿を現した橋脚や駅

鉄道 企業動向

前田トンネルの上を越えるモノレール用橋脚(G地点)
  • 前田トンネルの上を越えるモノレール用橋脚(G地点)
  • ゆいレール延伸区間(赤線)
  • 汀良交差点の北側で準備されているモノレール用橋脚(C地点)
  • 汀良交差点の北側で準備されているモノレール用橋脚(C地点)
  • 首里駅から見える風景(A地点)
  • 首里駅から見える風景(A地点)
  • 汀良交差点の北側で準備されているモノレール用橋脚(C地点)
  • 石嶺駅西側交通広場になる予定のもとJA敷地(D地点)
那覇空港~首里間(那覇市)を結ぶ沖縄都市モノレール線(ゆいレール)では、てだこ浦西駅(浦添市)までの延伸工事が行われている。約4kmの延伸ルート上には、石嶺・経塚・浦添前田の中間駅や、ゆいレール初となるトンネルが設置される。

ルートは首里駅から汀良交差点や首里郵便局、石嶺交差点、沖縄国際センター西側、浦添警察署前、浦添市消防本部を経て、沖縄自動車道の幸地バスストップにほど近い、てだこ浦西駅に至る道のり。そのほとんどは既存道路に沿っているが、一部に丘陵地帯を上から越える区間や、地下トンネル区間が存在する。

石嶺交差点の北側や、沖縄国際センターの西側には丘陵地帯が広がり、付近には背の高い橋脚が建っていた。また、浦添市消防本部付近からてだこ浦西駅に至るライン上で、モノレールはいったん地中へともぐる地下トンネル区間ができる予定だが、いまのところその進ちょくは見られない。

沖縄県などは、市街地をモノレールで、沖縄の南北を高速バスやレンタカーなどでアクセスする「パーク&モノライド」を推し進めており、てだこ浦西駅周辺に沖縄自動車道のスマート・インターチェンジ(スマートIC)や高速バスターミナル、パーク&モノライド駐車場などを整備する構想もある。ゆいレールの延伸区間が完成し、てだこ浦西駅周辺の開発も進めば、同駅は沖縄本島を南北に結ぶ“沖縄の背骨”沖縄自動車道と、那覇市の中心市街地を貫くゆいレールの乗換え拠点となる。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

    北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  2. JR北海道ネット予約、2017年2月頃に終了へ…JR東「えきねっと」に移行

    JR北海道ネット予約、2017年2月頃に終了へ…JR東「えきねっと」に移行

  3. アルゼンチンに渡った丸ノ内線の旧型電車が「里帰り」…イベント等で活用へ

    アルゼンチンに渡った丸ノ内線の旧型電車が「里帰り」…イベント等で活用へ

  4. 大井川鐵道、今年も「トーマス」重連特別列車…新キャラ「バスのバーティー」と並走

  5. 583系が東大宮操、E653系が京葉車セ…ディズニー客輸送列車の回送先

  6. JR西日本、近畿エリアのべ300駅に「駅ナンバー」導入…券売機も対応

  7. 熊本地震で運休の南阿蘇鉄道、7月31日に一部再開…トロッコ列車も

  8. JR北海道、車両の老朽化で在来線特急減便か…新車購入できるお金なく

  9. 3月改正から距離も日本一…根室本線の「長~~い」鈍行に乗ってみた

  10. 函館本線山線経由の特急『ニセコ』運転 8月29日から

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら