スズキ ハスラー、S-エネチャージを搭載…32.0km/Lの低燃費を達成

自動車 ニューモデル 新型車

スズキは、軽乗用車『ハスラー』NA(自然吸気)・CVT車に搭載していた「エネチャージ」を「S-エネチャージ」に変更。5月13日より発売する。

S-エネチャージは、加速時にモーターでエンジンをアシストするスズキ独自のシステム。ハスラーのS-エネチャージ搭載車では、モーターアシストする時間と頻度を、ワゴンRに搭載されている従来のS-エネチャージより増やし、さらなる燃費向上に貢献する。具体的には、ISG(モーター機能付発電機)のモーターアシスト時間を、従来の最長6秒間から最長30秒間まで拡大。モーターアシストする速度域を、従来の「15km/h~85km/h」から「発進後~約85km/h」に拡大した。

今回、S-エネチャージと燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせることで、2WD車は32.0km/リットル(JC08モード)の優れた燃費性能を達成。S-エネチャージ搭載車は、全車エコカー減税の免税対象車とした。

併せて、ハスラー全車に車体色「クリスタルホワイトパール」、「クリスタルホワイトパール ブラック2トーンルーフ」を新たに設定した。

ハスラー S-エネチャージ搭載車の価格は126万1440円から162万1080円。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品