新しい政府専用機のデザインが決定、日章旗をモチーフに

航空 行政

2019年度から導入されるボーイング777-300ER型をベースとした新しい政府専用機の外観デザインが決定。
  • 2019年度から導入されるボーイング777-300ER型をベースとした新しい政府専用機の外観デザインが決定。
  • 下から上に伸びる赤いラインは日章旗をモチーフにしている。
  • シンプルながらも、躍動感のあるデザインとなる。
  • 現行の政府専用機(ボーイング747-400型)は、赤と金のラインが特徴。
政府・内閣官房の「政府専用機検討委員会」は28日、2019年度(平成31年度)からの導入を予定している新しい政府専用機の外観デザインを公表した。日章旗をモチーフにしたもので、下から上に流れるような赤いラインが特徴となる。

新しい政府専用機はボーイング「777-300ER型」で、これまでのボーイング「747-400型」に代替するものとなる。機体整備はこれまで日本航空(JAL)が担当していたが、新しい機体は全日空(ANA)が担当することも決まっている。

新機種のデザイン案については、整備を行う全日空側から複数の提案がなされており、航空ファンの間では「全日空のコーポレートカラーである青がデザインに含まれることになるのか」ということにも注目が集っていたが、結果としては一目で日本の専用機とわかる紅白(赤白)のデザインに落ち着いた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から

    川崎重工の創立120周年記念展…三式戦「飛燕」を展示 10月15日から

  2. エティハド航空、UAE人従業員の過半数が女性…超大型機の副操縦士も

    エティハド航空、UAE人従業員の過半数が女性…超大型機の副操縦士も

  3. 春秋航空日本、成田=新千歳線を就航へ 8月20日から

    春秋航空日本、成田=新千歳線を就航へ 8月20日から

  4. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  5. ANA、ボーイング787機の整備で欠航が発生 9月26日から

  6. エティハド航空、アブダビ=ニューヨーク線に A380 を追加投入 2017年6月から

  7. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  8. JAL国際線の旅客が3カ月連続マイナス、国内線は2カ月連続プラス 7月

  9. 三菱航空機 MRJ、試験飛行領域を設計スペックまで拡大…マッハ0.78

  10. リオ五輪選手団や都知事を乗せたJAL・ANA機、羽田着…吉田沙保里は“スタボー側”から

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら