新しい政府専用機のデザインが決定、日章旗をモチーフに

航空 行政

2019年度から導入されるボーイング777-300ER型をベースとした新しい政府専用機の外観デザインが決定。
  • 2019年度から導入されるボーイング777-300ER型をベースとした新しい政府専用機の外観デザインが決定。
  • 下から上に伸びる赤いラインは日章旗をモチーフにしている。
  • シンプルながらも、躍動感のあるデザインとなる。
  • 現行の政府専用機(ボーイング747-400型)は、赤と金のラインが特徴。
政府・内閣官房の「政府専用機検討委員会」は28日、2019年度(平成31年度)からの導入を予定している新しい政府専用機の外観デザインを公表した。日章旗をモチーフにしたもので、下から上に流れるような赤いラインが特徴となる。

新しい政府専用機はボーイング「777-300ER型」で、これまでのボーイング「747-400型」に代替するものとなる。機体整備はこれまで日本航空(JAL)が担当していたが、新しい機体は全日空(ANA)が担当することも決まっている。

新機種のデザイン案については、整備を行う全日空側から複数の提案がなされており、航空ファンの間では「全日空のコーポレートカラーである青がデザインに含まれることになるのか」ということにも注目が集っていたが、結果としては一目で日本の専用機とわかる紅白(赤白)のデザインに落ち着いた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

    IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

  2. 空から水中の3次元地形を計測…朝日航洋がレーザー測深器を導入

    空から水中の3次元地形を計測…朝日航洋がレーザー測深器を導入

  3. 中国南方航空、羽田=貴陽線を開設へ 8月2-31日

    中国南方航空、羽田=貴陽線を開設へ 8月2-31日

  4. ルフトハンザドイツ航空、バイエルン・ミュンヘン特別塗装機が就航

  5. 山口宇部空港に国際線が初就航---エアソウル

  6. 損保ジャパン日本興亜、日本全国でドローンを飛行できる包括許可を取得

  7. 羽田-金浦を車椅子でシームレスに移動…2空港が協力へ

  8. 国土交通省が「ドローンポート」を整備へ…荷物配送

  9. ドローンレースを企画・配信…TBSやGYAOなどプロジェクト発足

  10. 中国国際航空、成田=成都=西寧線を開設へ 8月12日から

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら