JR西日本、近畿圏ICOCAエリアを拡大…兵庫・和歌山地区

鉄道 企業動向

近畿圏のICOCAエリア。今年8月に和歌山地区の利用可能エリアが拡大し、来年3月には兵庫地区でもICOCAエリアが拡大する予定だ。
  • 近畿圏のICOCAエリア。今年8月に和歌山地区の利用可能エリアが拡大し、来年3月には兵庫地区でもICOCAエリアが拡大する予定だ。
  • JR西日本が発売しているICカード「ICOCA」。現在の発売額は2000円の1種類だけだが、新たに1000円・3000円・5000円・1万円の4種類を追加する。
JR西日本は2月23日、同社のICカード「ICOCA」のサービスを拡充すると発表した。2016年春までに、和歌山地区と兵庫地区でICOCAが利用できる範囲を拡大する。

同社の発表によると、新たにICOCAのエリアになるのは、和歌山地区の紀勢本線和歌山~海南間と、兵庫地区の加古川線加古川~西脇市間、播但線姫路~寺前間、姫新線姫路~播磨新宮間。和歌山地区は今年8月からICOCAのサービス範囲を拡大し、兵庫地区は2016年3月からICOCAエリアを拡大する。いずれの区間も、既にICOCAが導入されている和歌山・加古川・姫路各駅を除き、各区間内の全ての駅にICOCAのサービスを新たに導入する。サービスの詳細や開始日は後日案内する。

このほか、ICOCAカードの発売額も増やす。現在は2000円(うちデポジット500円)の1種類だけだが、新たに1000円・3000円・5000円・1万円の4種類を追加して全5種類にする。ただし、子供用のICOCA(こどもICOCA)と、クレジットカードでのチャージなどに対応した記名式ICOCA(スマートICOCA)は、これまでと同じ2000円の1種類だけとなる。

新しい発売額のカードは、ICOCAエリア内のピンク色の新型券売機でのみ発売。4月以降、機能改修が完了した券売機から順次サービスを開始する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

    デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  4. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  5. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

  8. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  9. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  10. 東武200系台湾色、6月21日に佐野線へ…スバルとセメントの街・葛生のいまむかし

アクセスランキングをもっと見る