銚子電鉄デハ1002号が来年1月引退

鉄道 企業動向

「ありがとう デハ1002号」の案内。
  • 「ありがとう デハ1002号」の案内。
銚子電気鉄道は、2015年1月10日にデハ1002号のさよなら列車『ありがとう デハ1002号』を運行する。

デハ1002号は、帝都高速度交通営団(営団地下鉄、現在の東京地下鉄)丸ノ内線方南町支線で使われていた2000形2040号。銚子電鉄には1994年に入線した。入線に際しては、2039号の運転台を流用して両運転台化され、モーターとパンタグラフには営団地下鉄日比谷線用3000形の廃車発生品を流用している。

本来は9両が茨城県の日立電鉄(現・廃止)に入線するはずだったが、実際には7両となり、余剰の2両(デハ1001、1002)が銚子電鉄にやってきた。一時は、銚子電鉄のオリジナルカラーに変更されていたが、現在は元の丸ノ内線カラーに戻されている。

さよなら列車の運行時刻は、銚子発が9時47分・11時07分・12時22分・13時30分・14時21分・15時15分・16時11分。外川発は10時21分・11時38分・12時58分・13時51分・14時42分・15時41分・16時33分になる。

銚子発11時07分と12時22分、外川発11時38分と12時58分はデハ1001号との2両編成となり、乗車整理券(500円)が別に必要。乗車整理券は、当日10時から銚子駅銚子電鉄ホームで1人1列車につき2枚まで発売される。また、この運行に合わせて、記念グッズや記念乗車券の販売も予定されている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

    JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  3. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  4. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  5. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  6. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  7. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  8. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  9. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  10. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

アクセスランキングをもっと見る