銚子電鉄デハ1002号が来年1月引退 | レスポンス(Response.jp)

銚子電鉄デハ1002号が来年1月引退

鉄道 企業動向

銚子電気鉄道は、2015年1月10日にデハ1002号のさよなら列車『ありがとう デハ1002号』を運行する。

デハ1002号は、帝都高速度交通営団(営団地下鉄、現在の東京地下鉄)丸ノ内線方南町支線で使われていた2000形2040号。銚子電鉄には1994年に入線した。入線に際しては、2039号の運転台を流用して両運転台化され、モーターとパンタグラフには営団地下鉄日比谷線用3000形の廃車発生品を流用している。

本来は9両が茨城県の日立電鉄(現・廃止)に入線するはずだったが、実際には7両となり、余剰の2両(デハ1001、1002)が銚子電鉄にやってきた。一時は、銚子電鉄のオリジナルカラーに変更されていたが、現在は元の丸ノ内線カラーに戻されている。

さよなら列車の運行時刻は、銚子発が9時47分・11時07分・12時22分・13時30分・14時21分・15時15分・16時11分。外川発は10時21分・11時38分・12時58分・13時51分・14時42分・15時41分・16時33分になる。

銚子発11時07分と12時22分、外川発11時38分と12時58分はデハ1001号との2両編成となり、乗車整理券(500円)が別に必要。乗車整理券は、当日10時から銚子駅銚子電鉄ホームで1人1列車につき2枚まで発売される。また、この運行に合わせて、記念グッズや記念乗車券の販売も予定されている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品