人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JR西日本、大阪環状線に新型電車「323系」導入…2016年度から

鉄道 企業動向

323系の完成イメージ。2016年度から2018年度にかけて168両が大阪環状線に導入される。
  • 323系の完成イメージ。2016年度から2018年度にかけて168両が大阪環状線に導入される。
  • 大阪環状線で運用されている旧国鉄車の103系と201系は全て323系に置き換えられる。写真は103系。
  • 大阪環状線では片側3ドア車と4ドア車が混在しているが、4ドア車の103系と201系が3ドア車の323系に置き換えられることにより、3ドアに統一される。写真は3ドアの221系。
JR西日本は12月8日、大阪環状線と桜島線(JRゆめ咲線)に新型車両の323系電車を導入すると発表した。同社が進めている「大阪環状線改造プロジェクト」の一環。同線で運用されている旧国鉄の電車を全て323系に置き換える。

323系は最高運転速度が100km/hで、1編成の車両数は8両。車体はステンレス製とし、乗降用のドアは片側3カ所に配置する。外観はオレンジ色を基調とし、「大阪環状線改造プロジェクト」のロゴマークを先頭部と側面にデザインする。

客室の腰掛けはロングシートを採用。車椅子・ベビーカースペースを各車両に設けるほか、優先座席には個別の袖仕切りを設ける。混雑車両(大阪駅での天満方先頭車)は出入口スペースを拡大する。また、空気清浄機を1編成で試行設置する。

案内表示装置は車内8カ所に計16画面設置し、ドア上部(2画面6カ所)と車端部(2画面2カ所)に設ける。案内情報の多言語化も図り、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語に対応する。このほか、無料の公衆無線LANサービスも提供する。

安全対策としては、運転士異常時列車停止装置(EB-N型装置)や車両異常挙動検知装置、戸挟み検知装置を搭載するほか、前面衝撃吸収構造を採用。運転台計器類や集電装置(パンタグラフ)などの二重化により機器の信頼性向上を図り、安定輸送を目指す。

323系は2016年度から2018年度にかけて、168両(8両編成21本)が導入される予定。旧国鉄時代に製造された103系と201系を全て323系に置き換える。大阪環状線で現在運用されている車両は103系と201系が4カ所、221系・223系・225系が3カ所で、ドアの数や位置が統一されていなかったが、103系と201系が323系に置き換わることで3カ所に統一される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 震災運休の常磐線相馬-浜吉田間、12月10日再開へ…3駅を移設

    震災運休の常磐線相馬-浜吉田間、12月10日再開へ…3駅を移設

  2. 京成電鉄の非常停止を重大インシデントに認定---運輸安全委員会

    京成電鉄の非常停止を重大インシデントに認定---運輸安全委員会

  3. 東京駅エキナカ商業施設「グランスタ」増床…デイリーニーズに対応

    東京駅エキナカ商業施設「グランスタ」増床…デイリーニーズに対応

  4. 西武きゃりーぱみゅぱみゅ電車、新宿線でも運転

  5. 千葉県内の鉄道やバスが2日間乗り放題…JR東日本、期間限定で発売

  6. 緩行線の線路を敷き、複々線の停車場に…工事中の登戸駅[フォトレポート]

  7. 北海道新幹線に30km超の陸上トンネル建設へ…鉄道・運輸機構が計画変更

  8. JR東海&16私鉄が2日間乗り放題…フリー切符を通年発売

  9. ブエノスアイレスから帰国した営団500形、その仲間たちを東京・千葉で見る

  10. 旧深名線沼牛駅舎の修繕が実現へ…募金目標額の200万円を確保

アクセスランキングをもっと見る