【ホンダ グレイス 発表】「競合車は プリウス」小型HVセダン市場に攻勢

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • グレイスと本田技術研究所・広瀬敏和主任研究員
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
  • ホンダ グレイス
ホンダは12月1日にハイブリッド車(HV)の新型セダン『グレイス』を発売した。車台や動力システムは『フィット』のHVと共用だが、装備の充実などにより上質なコンパクトセダンとして売り出していく。

HVシステムは1.5リットルのガソリンエンジンと7速DCTを組み合わせている。JC08モード燃費は34.4km/リットルと、国内市場向けのセダンでは最高を確保した。開発責任者である本田技術研究所の広瀬敏和主任研究員は、国内市場での競合モデルについて「(トヨタ)プリウスを意識して行きたい」と話す。

5ナンバーのHVセダンではトヨタの『カローラHV』があるが、車格としてはその上のプリウスにぶつけたいという。HVの本流ともいえるプリウスに対抗できる性能や質感を実現できたとし、「プリウスクラスのHVセダンはないので、そこにお客様のニーズは充分ある」と見ている。また、195万円からという価格設定も「プリウスの売れ筋グレードより求めやすいところを狙った」と、ここも攻めの姿勢を打ち出している。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品