長野北部で震度6弱の地震、鉄道に影響…大糸線では土砂流入

鉄道 企業動向

11月22日22時08分頃、長野県北部で震度6弱の強い地震があった。長野市など同県北部を中心に、新潟県上越地方でも震度5弱を観測。長野県内を中心に鉄道各線の運行に影響が出た。

JR東日本などの運行情報によると、地震発生直後からJR東日本の長野県内在来線各線のほか、信越本線が篠ノ井~新潟間で、長野新幹線が上田~長野間で運転を見合わせた。JR西日本も北陸本線の糸魚川~直江津間で運転を見合わせた。

11月23日7時30分時点の情報によると、大糸線は信濃大町~南小谷間で終日運転を見合わせる。これに伴い、千葉~南小谷間の特急『あずさ3号』(千葉6時38分発)と、南小谷~新宿間の『あずさ26号』(南小谷14時22分発)は松本~南小谷間で運休する。国土交通省によると、白馬大池~千国間(長野県小谷村)で土砂流入の被害が発生している。

大糸線の南小谷~糸魚川間は、初発から糸魚川10時43分発南小谷行き、南小谷11時49分発糸魚川行きまで、区間列車を含め上下計9本の運休が決まっている。信越本線の長野~直江津間と直江津~長岡間では一部の列車が運休する。このほか、しなの鉄道も一部列車で運休と遅れが生じている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品