【マツダ CX-3 発表】ワールドプレミア、Bセグクロスオーバーに切り込む世界戦略車

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダの小飼雅道社長
  • 【マツダ CX-3 発表】ワールドプレミア、Bセグクロスオーバーに切り込む世界戦略車
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
マツダは11月18日(北米時間)、19日に開幕するロサンゼルスモーターショー14に先駆け、新型コンパクトクロスオーバー『CX-3』を世界初公開した。

CX-3のボディサイズは、全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mm、ホイールベースが2570mm。1250mmに設定されたアイポイント高が、視界の良さと安心感をもたらす。フロントタイヤを前方に配置し、ペダルの形状や距離を最適化することで、理想的なドライビングポジションを作り出している。

パワートレインは2.0リットルガソリンエンジン「SKYACTIV-G」と、1.5リットルディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D」を市場ごとに設定。日本仕様は、1.5リットル「SKYACTIV-D」のみの導入となる。トランスミッションは、6速ATと6速MTを用意。駆動方式もFFと4WDを設定した。

発表イベントで登壇した小飼雅道社長は「北米はマツダにとって非常に重要な市場。この場所で我々の自信作であるCX-3を発表でき嬉しく思う」とコメント。

他社のBセグメントクラスのクロスオーバーは、フォード『エコスポーツ』、VW『クロスポロ』、日産『ジューク』、ルノー『キャプチャー』、プジョー『2008』、『MINIクロスオーバー』など。CX-3はこれらを競合車として世界の市場で戦っていくことになる。

CX-3の価格は未発表。2015年春より、日本から順次グローバルで販売開始する予定だ。
《吉田 瑶子》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品