JR東海、名古屋新ビルの施設概要を発表…上棟は2015年度

鉄道 企業動向

名古屋駅の新しい高層ビル「JRゲートタワー」は2015年度冬の上棟を予定。画像はオフィスエントランス(15階)のイメージ。
  • 名古屋駅の新しい高層ビル「JRゲートタワー」は2015年度冬の上棟を予定。画像はオフィスエントランス(15階)のイメージ。
  • JRゲートタワー(右)の施設構成イメージ。JRセントラルタワーズ(左)に隣接し、15階までの各階はセントラルタワーズの各階と接続させる。
  • 名古屋駅の地下鉄東山線北改札付近のイメージ。JRゲートタワーはJR・名鉄・近鉄・地下鉄各線の名古屋駅に直結させる。
  • 名古屋駅の桜口駅前広場に面した1階ビルエントランスイメージ。
  • 2階歩行者通路から見たタカシマヤ ゲートタワーモールの店舗イメージ。2027年4月のオープンを予定している。
  • 名古屋JRゲートタワーホテルの客室は18~24階に350室設けられる。画像はダブルルームのイメージ。
  • JRゲートタワーのロゴマーク。「GETE」の頭文字「G」をモチーフにデザインした。
JR東海などは10月8日、名古屋駅で建設中の新しい高層ビル「JRゲートタワー」(名古屋市中村区)の今後の工程や、同ビルに入る百貨店とホテルの概要などを発表した。2015年度冬の上棟を目指す。

JRゲートタワーは地上46階・地下6階建ての高層ビル。高さは約220m、延床面積は約26万平方mで、JR・名鉄・近鉄・地下鉄各線の名古屋駅に直結させる。15階までの各階は隣接するJRセントラルタワーズの各階と接続させる。2~8階にジェイアール東海高島屋が運営する百貨店「タカシマヤ ゲートタワーモール」、9~11階にヨドバシカメラが入るほか、1階にバスターミナルなど、12~13階にレストラン街、13~14階にフィットネスクラブ、15階にオフィスロビー・エントランスを設ける。26階から44階まではオフィス施設となる。

タカシマヤ ゲートタワーモールは、約150のファッション・雑貨などの店舗を集積した商業施設とし、JRセントラルタワーズのジェイアール名古屋タカシマヤを増床する形になる。「現在の『ジェイアール名古屋タカシマヤ』では捉えきれていないカテゴリー・価格帯のショップを多彩に取り揃える予定」(ジェイアール東海高島屋)としている。

ジェイアール東海ホテルズが運営する名古屋JRゲートタワーホテルは、15階にホテルのフロントとロビー、レストランを設け、客室は18~24階に350室設ける。インテリアデザインは、シャングリ・ラ ホテル東京などを手がけたキャサリン・ドーバーさんを起用した。

JRゲートタワーのロゴマークもこのほど決まった。「JRゲートタワーが将来、中央新幹線を抱え込み、各地域からの幅広いお客様をお迎えする玄関口となる」(ジェイアールセントラルビル)ことから、「GATE」の頭文字「G」をモチーフにしたという。

今後は2015年度の冬に上棟し、2016年11月からオフィスの入居を開始。2017年4月には「タカシマヤ ゲートタワーモール」と「名古屋JRゲートタワーホテル」がオープンする予定だ。
《草町義和》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品