【CEATEC 14】14年度内発売の トヨタ FCV に高い注目

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車は「スマートモビリティ社会」をテーマに、2014年度内に世界初の市販に踏み切る燃料電池車(FCV)や、今年発売した最新テレマティクスサービスの「T-Connect」などを出展している。

水素社会への先導役ともなるFCVは、「700万円程度」で売り出す市販モデルバージョン。今回のCEATECでは車両展示が少ないこともあって、注目度はひときわ高い。関連では高圧水素の充てん機も展示し、パネルなどとともに近未来の水素社会を提示している。

T-Connectでは、展示している『プリウスPHV』の実車内で音声対話サービスである「エージェント」が体験できるコーナーも人気となっていた。開幕日の7日には、T-Connectによる家電操作技術などで協力関係にあるパナソニックの津賀一宏社長も、トヨタブースを熱心に視察していた。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品