京阪「けいおん!」ラッピング車が再登場…10月6日から

鉄道 企業動向

京阪電気鉄道は10月6日から、テレビアニメ「けいおん!」の放映開始5周年を記念したラッピング電車「HO-KAGO TEA TIME TRAIN(放課後 ティータイム トレイン)」を大津線系統の石山坂本線石山寺~坂本間(大津市)で運行する。同社が10月1日、発表した。

「けいおん!」は「女子高の軽音楽部でガールズバンドを組んだ5人のゆるやかな日常生活」(京阪電鉄)を描いた、かきふらいさん作の四コマ漫画。2007年から芳文社の漫画誌「まんがタイムきらら」で連載が始まり、2009年に第1期テレビアニメ「けいおん!」、2010年に第2期「けいおん!!」が、それぞれ放映された。2011年にはアニメ映画「映画けいおん!」も公開されており、京阪電鉄は映画公開記念のラッピング電車を大津線で運行した。

今回のラッピング電車は700形の709+710号編成を使用。車体の全面を「キャンバス」にし、主要キャラクターの「平沢唯」「秋山澪」「田井中律」「琴吹紬」「中野梓」5人のほか、各メンバーが担当する楽器や5人のバンド名「放課後ティータイム」のロゴマーク、5周年記念ロゴマークなどをデザインする。車内も主要キャラクターやロゴマークをデザインするほか、テレビアニメや映画に登場したシーンを第1話から登場順に並べて装飾する。ヘッドマークは計10種類を製作し、定期的に差し替えて掲出する。運行期間は2015年3月31日まで。

これに伴い10月11日からは、「けいおん!」特製乗車券の発売も開始する。A3二つ折りにギターピックを模した「大津線1日フリー乗車券」(大人500円)6枚が収められており、主要キャラクター5人と5周年ロゴがデザインされている。切符としての通用期間は2015年3月31日までで、大津線系統の京津線と石山坂本線が1日に限り自由に乗り降りできる。

発売額は1セット3000円で3000セットの限定発売。10月11日の10時から大津線の浜大津駅で発売するほか、10月11・12日に東京の日比谷公園で開催される「第21回鉄道フェスティバル」でも発売する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

    JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

  2. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  3. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  4. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  5. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  6. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  7. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  8. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  9. 雪害運休はこれが最後? JR北海道、留萌線留萌~増毛間を4月28日再開へ

  10. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

アクセスランキングをもっと見る