日産、リーフオーナー向けに全国4100基の充電施設が使い放題の新プランを設定

エコカー EV

日産自動車は、『リーフ』オーナー向けの 「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム」(ZESP)を改定、充電施設での充電が使い放題となる新プランを設定し、10月1日より加入受付を開始した。

現在ZESPは「販売会社の充電施設が使い放題」、「5年間分のメンテナンス(車検・点検)」、「オペレーターによるナビ目的地設定」、「24時間365日レッカーサービス」等、EVユーザーが必要なサービスを月額1543円で提供。リーフオーナーの約9割が加入しているという。

今回、従来のサービスに加えて、高速道路のSA/PA、コンビニエンスストア、道の駅等、日産が指定する全国の急速充電施設にある 約4100基(日産販売会社を含む)での充電が使い放題となる新プラン「スタンダードプラン」(月額3240円)を追加する。

さらに、2014年10月から2015年3月までは、最大6か月分の月会費が半額以下となるキャンペーンを実施。これにより、既にZESPに加入している顧客を含め、スタンダードプランの2014年10月~2015年3月までの月会費が現行サービスと同額の1543円となる。

また、ZESP会員には、認証機能付きの充電カードを発行。スタンダードプランの充電カードでは、1枚のカードで日産が指定する全国の充電施設を利用できる。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品