羽田空港への深夜・早朝バスを実証運行…都心ターミナル駅とアクセス | レスポンス(Response.jp)

羽田空港への深夜・早朝バスを実証運行…都心ターミナル駅とアクセス

航空 行政

国土交通省は、東京国際空港(羽田空港)で深夜早朝のアクセス利便性を向上するため、羽田空港と都心ターミナル駅を結ぶ5路線のアクセスバスを運行すると発表した。

羽田空港は、24時間運用可能な拠点空港で、さらなる活用に向けて発着枠に比較的余裕のある深夜・早朝時間帯(23時~6時)の利用促進を図っていくことが求められている。羽田空港の深夜早朝時間帯の利用促進では、航空ネットワークの拡充に加え、空港アクセスの充実が重要。

このため、国交省と東京都では、2014年航空冬ダイヤ期間中、バス事業者などと連携して、深夜・早朝時間帯の羽田空港と都心方面を結ぶアクセスバス実証運行を実施し、深夜・早朝の空港アクセス改善を図る。

実証運行は10月26日から2015年3月31日までで、羽田空港と都心ターミナル駅を結ぶ5路線で実施する。運行路線は、羽田空港~銀座・東京・秋葉原/新宿・池袋/渋谷/大鳥居・蒲田・品川/横浜(YCAT)。

各ルート1日1往復で、羽田発深夜1時台、羽田着早朝4時台の既存公共交通機関が運行されていない時間帯に運行する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品