【MINI クロスオーバー 新型発表】MINI初のクリーンディーゼル搭載車を国内導入

自動車 ニューモデル 新型車

MINI・新型クロスオーバー
  • MINI・新型クロスオーバー
  • MINI・新型クロスオーバー
  • MINI・新型クロスオーバー
  • MINI・新型クロスオーバー
  • MINI・新型クロスオーバー
  • MINI・新型クロスオーバー
  • MINI・新型クロスオーバー
  • MINI・新型クロスオーバー
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、MINI『クロスオーバー』をモデルチェンジ、MINIとして国内初、プレミアムコンパクトクラス初となるクリーンディーゼルエンジン搭載モデルもラインアップに加え、9月8日より販売を開始した。

今回のモデルチェンジでは、丸型ヘッドライト、6角形のラジエーターグリルといったMINI固有のデザインアイコンを継承しながら、ラジエーター・グリルのデザインを刷新し、オフロードモデルらしく精悍なデザインとしている。また、新装備としてLEDフロントフォグランプを採用した。

インテリアでは、丸型をモチーフとしたデザインを基調としつつ、センターメーターの文字盤を白から黒系のアンスラサイトに変更することにより、インテリアの雰囲気を引き締めている。また、インテリアサーフェスの範囲を拡大させ、インストルメントパネルにもフィニッシャーを装備することで、上質な室内空間を表現している。

また、これまでのガソリンエンジン搭載モデルに加え、MINIとして国内初となるクリーンディーゼルエンジン(2リッター直列4気筒ターボ)2機種を、3モデルに搭載した。

「クーパーD クロスオーバー」に搭載のクリーンディーゼルエンジンは、最高出力112psで、一般的な2.5リッターガソリンエンジン車以上の最大トルク270Nmを発揮すると同時に、燃料消費率は16.3km/リットルを達成。同エンジンは、電子制御式4WDシステムALL4と組み合わせ、「クーパーD クロスオーバー ALL4」にも搭載される。「クーパーSD クロスオーバー」には、最高出力143ps、最大トルク305Nmを発生し、燃料消費率16.6km/リットルを実現したクリーンディーゼルエンジンを搭載する。

両エンジンともDPF(粒子状物質除去フィルター)、NOX吸蔵還元触媒等を採用することでポスト新長期規制をクリアし、取得税および重量税は免税、自動車税については75%減税が適用される。

価格はMINI ONE クロスオーバーが6MT 275万円、6AT 288万円、クーパー クロスオーバーが6MT 308万円、6AT 321万円、クーパーD クロスオーバー(6ATのみ)が341万円、クーパーD クロスオーバー ALL4(6ATのみ)が362万円、クーパーSD クロスオーバー(6ATのみ)が387万円、ジョンクーパーワークス クロスオーバーが6MT 460万円、6AT 477万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

    【レヴォーグ STIスポーツ】“一発屋”では終わらない

  3. VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

    VW ゴルフ 改良新型、画像がリーク

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】スポーティネスと質感の両方を表現

  5. ブガッティの ビジョンGT、ガス欠…ゲームではない[動画]

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】開発責任者「現行モデルの不満点をすべて直した」

  7. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  8. 【モスクワモーターショー16】Xコードコンセプト…ラーダの新世代デザインがさらに進化

  9. 【モスクワモーターショー16】ラーダ ベスタ に「スポーツ」…WTCCのノウハウ応用

  10. 【スカニア 新型発表】サステイナブルな未来へ進化する大型トラック

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら