【頭文字D × レスポンス】スカイライン GT-R は「天上天下唯我独尊」…開発責任者 元日産 渡邉衡三氏

モータースポーツ/エンタメ 出版物

新劇場版『頭文字D』Legend1-覚醒- の公開に合わせ講談社は、頭文字D連載18年の歴史を振り返るガイドブック『頭文字Dの軌跡 挑戦の記』を発売した。「挑戦」をキーワードに、原作者しげの秀一氏によるロングインタビューや、名シーンの解説のほか、単行本未収録の番外編なども収めたファン必携の書に仕上げられた。

また、本書の見所のひとつ「レジェンドインタビュー5連発」では、レスポンス編集部との共同編集により、劇中に登場する国産スポーツカー開発者へロングインタビューを敢行。開発秘話を語ってもらった。

日産からは、主人公・藤原拓海や高橋啓介の対戦相手として度々登場し圧倒的なパフォーマンスを見せつけた『スカイラインGT-R』の開発責任者、元日産自動車の渡邉衡三氏が登場。現在もなお、国産スポーツカー最強と名高いGT-Rがいかにして誕生したのか、そしてスポーツカーへの熱い想いを語ってもらった。

本稿では、『頭文字Dの軌跡 挑戦の記』に掲載された渡邉氏のインタビューを、一部抜粋してお届けする。


◆目指したのは究極のロードゴーイングカー

----: GT-Rが目指したものとは、一体どんなものだったのでしょうか。

渡邉:伊藤さん(日産自動車の開発者、伊藤修令氏)はGT-Rのコンセプトは「究極のロードゴーイングカーだ」と話していました。レースに出て勝つ、それでいて涼しい顔してオンロードでも走れる。それでスカイラインから離れたお客様を取り戻すのがひとつ、グループAで勝てなかったフォード・シェラコスワースやジャガーなどに勝つ。イメージリーダーとしてスカイラインを勝たせるんだと、いう気持ちがありました。

究極のロードゴーイングカーといっても、それは人によっていろいろな考え方がある。ランボルギーニのようなスーパーカーもそうだけど、GT-Rならばレースで勝つというのがわかりやすいでしょう。しかし、伊藤さんのコンセプトとしてはレースに勝つだけの素のクルマじゃだめ。ソアラなどに取られたお客さんを取り戻すためにはクルマとして、きちんとした商品として高性能なクルマであるということは絶対に守るけど、わかりやすくみんなのエネルギーを吸収するにはレースで勝てるクルマを作るということだったのです。

(中略)

----:当時、国産スポーツカーで他に気になるクルマはありましたか?

渡邉:申し訳ありませんが、いいお答えはできません。スカイラインやGT-Rは天上天下唯我独尊ですから、あまりほかのクルマには興味もライバル心もなかったという感じです。NSXやスープラ、GTOといった280馬力のクルマがたくさんありましたが、カテゴリーが違う感じがしたのです。

R32のGT-Rもある意味での頂には達したとは思いますが、そこで満足したら先はありません。その先を考えているから意味があるのです。

(中略)

基本的にはGT-Rはオンロード用のクルマで、限界を極めるにはサーキットというフィールドが必要なクルマでした。もちろんほんの一握りの人は峠でも限界まで持っていけたのでしょうけど、それは本当にごく一部だったはずです。従来のFR車はテールスライドを起こしたときにはアクセルを弱める方向での終息方法が一般的なわけですが、GT-Rはテールが滑ったときはアクセルを踏むことで前に前にと進むという従来なかった動きをしました。私自身、北海道で先行試作車に試乗してなるほどこういう動きをするのかということにビックリし、さらに栃木のテストコースでこんなに簡単に早く走れるんだということにさらに驚きました。


『頭文字Dの軌跡 挑戦の記』
価格:907円+税
発行:講談社


◆8月14日 『頭文字Dの軌跡 挑戦の記』発売記念トークショーを開催

『新劇場版「頭文字D」Legend1-覚醒-公開記念86“超”夏祭りin Daiba at MEGA WEB』内にて、「国産スポーツカーと5人のレジェンド with 土屋圭市~『頭文字Dの軌跡 挑戦の記』発売記念トークショー~」を開催。GT-R、RX-7、WRX STI、NSX、そして86開発者が勢揃いし、開発秘話を語る。

日時:8月14日 15時00分~16時00分
会場:東京・台場 MEGA WEB 1F、MEGAステージ
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品